第67回全日本剣道選手権大会

令和元年11月3日(日)丸善インテックアリーナ(大阪中央体育館)において、
第67回全日本剣道選手権大会が開催され、本県より、國友鍊太朗選手、西村龍太郎選手、松本孟通選手以上3名が代表選手として出場し、國友鍊太朗選手が優勝の栄冠に輝きました。
國友選手におきましては、過去2回、決勝戦で善戦むなしく惜敗しましたが、3回目となる本大会の決勝戦ではその悔しさがつぶさに試合に見られました。
また、常に中心を攻め続けた試合内容は、大会関係者のみならず、多くの観戦者から好評を得ました。
國友選手の対戦相手は下記のとおりです。
一回戦  下野 裕樹(群馬)
二回戦  網代 忠勝(兵庫)
三回戦  山本 大喜(千葉)
四回戦  畠中 宏輔(東京)
準決勝  前田 康喜(大阪)
決 勝  松﨑賢士郎(茨城)

以上

福岡県剣道連盟メニューバー

ページ上部へ