2019年度国体剣道競技・西日本各県対抗剣道大会選手候補選考会 竹刀計量、測定について

標記の大会におきまして、別紙要項にもとづいて大会当日、全剣連の「竹刀の基準」に則り、竹刀の計量、測定を実施いたしますので、お知らせします。

選手候補選考会実施要項


 1.試合方法及び試合時間
試合は、全日本剣道連盟剣道試合・審判規則並びに同細則及び選手候補選考会実施要
項による。
(1)成年男子の先鋒・次鋒・中堅はトーナメント戦方式とし、副将はリーグ戦方式
とする。また、成年女子の先鋒はトーナメント方式とし、中堅・大将はリーグ
戦方式とする。
(2)トーナメント1・2回戦は、4分3本勝負とし、3回戦以降は、5分3本勝負と
する。試合時間内に勝敗が決しない場合は、先に1本取った者を勝ちとする。
なお、延長に入ってからの試合時間は区切らずに行う。
リーグ戦は、4分3本勝負とし、試合時間内に勝敗が決しない場合は、先に1本
取った者を勝ちとする。なお、延長に入ってからの試合時間は区切らずに行う。
3位が2名以上の場合は、決定戦を行う。
決定戦は先に1本取った者を勝ちとし、時間を区切らず勝敗が決するまで行う。

2.試 合 場
試合場については、プログラム参照。

3.試 合 順 序
リーグ戦男子副将は、Aグループ1試合目、Bグループ1試合目、Cグループ
1試合目の順序で行う。(2試合目以降も同様に行う)
リーグ戦女子中堅・大将は、中堅の部を先に行い、終了次第大将の部を行う。

※試合の進行状況によって、各試合場への移動がありますので、各自注意すること。

4.強化選手の指定
(1)男子の部
先鋒~副将は第1~第4試合場のA~Cの1位3名
(2)女子の部
先鋒は第5試合場のA~Cの1位3名、中堅・大将は第6試合場の1~3位
の各3名
を強化選手に指定し、西日本各県対抗剣道大会並びに令和元年8月末に国体
選手を決定する。

大会要項

剣道称号(教士・錬士)認定講習会開催について

標記講習会を開催いたします。

剣道称号(教士・錬士)審査会は、過去1年以内の称号認定講習会を受講しなければ受審できませんので、同審査受審希望者は、下記の要項で申込みをお願いします。

 

 

1.講習会期日   平成311月27日(

 

2.講習会場   アクシオン福岡(福岡市博多区東平尾公園2-1-4)

受 付(第4研修室)    午前    9時~ 9時30分

講 習(第4研修室)       午前10時~12時

実 技(2階 サブアリーナ)午後    1時~ 4時予定

 

3.受講対象者

○平成31年1月に称号認定講習会を受講した場合

①平成31年4月若しくは11月の剣道称号「教士」筆記試験受審可能

②平成31年5月若しくは11月の剣道称号「錬士」審査会受審可能

※「平成」としての元号は平成31年4月30日までとなっておりますが、新元号不明のため、

便宜上「平成」と記載しています。

 

4.申込対象者

◉ 教士号

剣道錬士七段受有者で、七段受有後2年以上経過(平成29年5月31日以前に取得した者)

全剣連社会体育指導者資格(上級)の認定を受けた者は、「教士」筆記試験を免除。

 

◉ 錬士号

  • 剣道六段受有者で、受有後1年以上経過(平成30年5月31日以前に取得した者)
  • 剣道五段受有者で、受有後10年以上経過(平成21年5月31日以前に取得)し、かつ、年齢60歳以上の者(称号・段位審査規則第11条2項及び同細則第10条3項による特例)

全剣連社会体育指導者資格(中級)の認定を受けた者は、「錬士」の小論文提出免除。

    注:筆記試験(教士)・小論文(錬士)の免除者にあっても必ず認定講習会を受講すること。

 

5.講習内容   剣道指導法、審判法、日本剣道形他

 

6.受講料   錬士 3,000円  教士 5,000円  

 

7.振込先   所属の地域剣道連盟が定めた振込口座

 

8.携行品   剣道着・袴・木刀(太刀・小太刀)・剣道講習会資料、段位審査規則・細則

他筆記用具。当日希望者には関係書籍の販売をいたします。

 

9.申込締切   所属の地域剣道連盟が定めた期日

 

10.申込み・お問い合わせ先

所属の地域剣道連盟 

 

11. そ の 他   昼食は各自で準備してください。

 

以 上

ご案内ダウンロードはこちら>>認定講習会要項30年度1月

剣 道 六 段 ー八段 審 査 会(東 京 )要 項

審査要項はこちらからダウンロードしてください
審査要項はこちらからダウンロードしてください

段位審査申込書六段
段位審査申込書七段
段位審査申込書八段

剣 道 六 段 審 査 会(東 京 )要 項

平成30年8月24日
全日本剣道連盟
(公社)福岡県剣道連盟
1. 期  日
     (1) 平成30年11月25日(日)
     (2) 受付開始・終了および審査開始時刻
       ア.49歳以下(49歳含む)
         受付時間 午前9時~9時30分まで
         審査開始 午前9時50分(予定)
       イ.50歳以上(50歳含む)
         受付時間 午前11時30分~12時(正午)まで
         審査開始 49歳以下実技審査終了後

※受付終了後は、審査の進行上、一切受付けません。必ず時間を厳守してください。

2. 会  場
      エスフォルタアリーナ八王子(八王子市総合体育館)
 (東京都八王子市狭間町1453番1)  電話042-662-4880
※開場は午前9時です。それ以前の入館はできませんのでご注意ください。
※別紙案内図参照

3. 主  催
       全日本剣道連盟

4. 審査方法
    全日本剣道連盟 剣道称号・段級位審査規則・細則ならびに剣道称号・段位実施要領による。

5. 審査科目
      (1)実技
(2)日本剣道形(実技審査合格者のみ)
    ※日本剣道形審査において使用する木刀は全剣連で準備します。

6. 受審資格
      平成25年11月30日以前に五段を取得した者。

7. 年齢基準
      審査日の当日(平成30年11月25日)とする。

8. 申込み
     (1) 申込方法  受審を希望する者は、登録連盟を通じて申込むこと。
           地域剣連は、申込者を一括して(公社)福岡県剣道連盟に申込
むこと。なお、個人直接の申込みは受理しない。

(2) 申込締切  所属地域剣道連盟が指定した期日

(3) 申 込 先  〒810-0052 福岡市中央区大濠1-1-1 福岡武道館内
                  (公社)福岡県剣道連盟 事務局
                  TEL 092-712-1890 FAX 092-712-1891
(4) 申 込 書
           ア 所定の用紙による。
           イ 五段位の取得年月日、生年月日は正確に記入すること。
            (記載のない場合または虚偽の場合は受審を認めない)
           ウ 申込書には審査開催地(東京都)を明確に記入すること。
※ 地域剣連は受審申込者に受付時間を周知徹底してください。

9. 審査料
(六段審査料) 13,800円
(事務手数料等)所属地域剣道連盟が定めた金額

10. 合格発表
     審査終了後、受審番号により合格者を発表する。後日、合格者決定通知と証書を各都道府県剣道連盟に送付するとともに全剣連月刊「剣窓」1月号および全剣連ホームページ(http://www.Kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。
11. 安全対策
     受審者は、各自十分健康管理に留意し本審査会に参加すること。
 受審者は、健康保険証を持参のこと。
高齢の受審者については、特に留意のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合は、医師または看護師により応急処置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合、当日の治療費(手術、入院費は含まない)は主催者が負担する。
    なお、主催者は、審査中の受審者の事故に対し(審査会場への往復途上を含む)
傷害保険に加入する。

12. 個人情報保護法への対応
    ※以下を申込者に周知して下さい。
     申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホームページ、剣窓等)に公表することがある。更に、剣道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

13. 注意事項
(1) 本審査会には、11月18日(日)愛知県で実施される剣道六段審査会の受
審者は、受審出来ない。
(2) 受審者は、各都道府県剣道連盟に、本人の申込み受理の確認を審査会前日
までに行い、参加すること。
(3) 審査会場に、車での来場は一切禁止する。
(4) 日本剣道形審査に不合格となった受審者は、再受審が認められる。
   ただし、当日日本剣道形を受審しない者の再受審は認めない。
なお、本審査日より1年経過後は、再受審は無効となるので、留意すること。

剣 道 七 段 審 査 会(東 京)要 項
平成30年8月24日
全日本剣道連盟
(公社)福岡県剣道連盟
1.期  日
     (1) 平成30年11月27日(火)・28日(水)
     (2) 受付開始・終了および審査開始時刻
      2日間とも、次による。
      「午前の部」
       受付時間 午前9時~9時30分まで
       審査開始 午前9時50分(予定)
      「午後の部」
       受付時間 午前11時30分~12時(正午)まで
       審査開始 午前の部実技審査終了後
      ※ なお、審査は2日に分けて行うため、1日目と2日目の午前の部・午後の部の受付年齢は、申込締切後、各都道府県剣道連盟に通知するとともに、全剣連月刊「剣窓」12月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に掲載いたします。

※受付終了後は、審査の進行上、一切受付けません。必ず時間を厳守してください。

2. 会  場
     東 京 武 道 館(東京都足立区綾瀬3-20-1)電話03-5697-2111
     ※ 開場は午前9時です。それ以前の入館はできませんのでご注意ください。
     ※ 別紙案内図参照
3. 主  催
     全日本剣道連盟
4. 審査方法
   全日本剣道連盟 剣道称号・段級位審査規則・細則ならびに剣道称号・段位実施要領による。

5. 審査科目
    (1) 実技
(2) 日本剣道形(実技審査合格者のみ)
   ※日本剣道形審査において使用する木刀は全剣連で準備します。

6. 受審資格
     平成24年11月30日以前に六段を取得した者。

7. 年齢基準
     審査日の当日(1日目は平成30年11月27日、2日目は平成30年11月28日)とする。

8. 申込み
    (1) 申込方法  受審を希望する者は、1日目(11月27日)、2日目(11月28日)のどちらかの受審希望日を選択し、登録連盟を通じて申込むこと。地域剣連は、申込者を一括して(公社)福岡県剣道連盟に申込むこと。なお、個人直接の申込みは受理しない。
           ※各都道府県剣道連盟内において、受審希望日に大きな差異が生じる場合には、事前に各剣連内で人員調整を行うこともあり、この場合はご協力をお願いします。
(2) 申込締切  所属地域剣道連盟が指定した期日
(3) 申 込 先  〒810-0052 福岡市中央区大濠1-1-1 福岡武道館内
                  (公社)福岡県剣道連盟
                  TEL 092-712-1890 FAX 092-712-1891
(4) 申 込 書
          ア 所定の用紙による。
          イ 六段位の取得年月日、生年月日は正確に記入すること。
            (記載のない場合または虚偽の場合は受審を認めない)
          ウ 申込書には審査開催地(東京都)を明確に記入すること。
      ※ 地域剣連は受審申込者に受付時間を周知徹底してください。

9. 審査料
    (七段審査料) 17,400円
(事務手数料等)所属地域剣道連盟が定めた金額

10. 合格発表
      審査終了後、受審番号により合格者を発表する。後日、合格者決定通知と証書を各都道府県剣道連盟に送付するとともに全剣連月刊「剣窓」1月号および全剣連ホームページ(http://www.Kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。
11. 安全対策
      受審者は、各自十分健康管理に留意し審査会に参加すること。
受審者は、健康保険証を持参のこと。
高齢の受審者については、特に留意のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合は、医師または看護師により応急処置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合、当日の治療費(手術、入院費は含まない)は主催者が負担する。
      なお、主催者は、審査中の受審者の事故に対し(審査会場への往復途上を含む)傷害保険に加入する。
12. 個人情報保護法への対応
     ※以下を申込者に周知して下さい。
      申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホームページ、剣窓等)に公表することがある。更に、剣道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。
13. 注意事項
(1) 本審査会には、11月17日(土)愛知県で実施される剣道七段審査会の受審者は、受審出来ない。
(2) 受審者は、各都道府県剣道連盟に、本人の申込み受理の確認を審査会前日までに行い、参加すること。
(3) 審査会場に、車での来場は一切禁止する。
(4) 日本剣道形審査に不合格となった受審者は、再受審が認められる。
    ただし、当日日本剣道形を受審しない者の再受審は認めない。
    なお、本審査日より1年経過後は、再受審は無効となるので、留意する
こと。

剣 道 八 段 審 査 会(東 京)要 項

平成30年8月24日
全日本剣道連盟
(公社)福岡県剣道連盟
1. 期  日
    (1) 平成30年11月29日(木)・30日(金)
      第一次実技審査・第二次実技審査・日本剣道形審査
(2) 第一次実技審査受付開始・終了および審査開始時刻
2日間とも、次による。
[午前の部]
受付時間   午前9時~9時30分まで
審査開始   午前9時50分(予定)
[午後の部]
受付時間   午前11時30分~12時(正午)まで
審査開始   午前の部第一次実技審査終了後
     ※ なお、審査は2日に分けて行うため、1日目と2日目の午前の部・午後の部の受付年齢は、申込締切後、各都道府県剣道連盟に通知するとともに、全剣連月刊「剣窓」12月号および全剣連ホームページ(http://www.Kendo.or.jp/)に掲載いたします。

※受付終了後は、審査の進行上、一切受付けません。必ず時間を厳守してください。

2. 会  場
     日 本 武 道 館(東京都千代田区北の丸公園2-3) 電話03-3211-5804
                   (全剣連北の丸事務所)
3. 主  催
     全日本剣道連盟
4. 審査方法
   全日本剣道連盟 剣道称号・段級位審査規則・細則ならびに剣道称号・段位実施要領による。
5. 審査科目
    2日間とも、次による。
(1) 第一次実技
(2) 第二次実技(第一次実技審査合格者による)
(3) 日本剣道形(第二次実技審査合格者による)
    ※日本剣道形審査において使用する木刀は全剣連で準備します。
6. 受審資格
    平成20年11月30日以前に七段を取得し、年齢満46歳以上で修業年限10年以上の者。
7. 年齢基準
    審査日の当日(1日目は平成30年11月29日、2日目は平成30年11月30日)とする。
8. 申込み
   (1) 申込方法   受審を希望する者は、1日目(11月29日)、2日目(11月30日」のどちらかの受審希望日を選択し、登録連盟を通じて申込むこと。
           地域剣連は、申込者を一括して(公社)福岡県剣道連盟に申込むこと。なお、個人直接の申込みは受理しない。
           ※受審希望日に大きな差異が生じた場合には、人員調整を行うこともあり、この場合はご協力をお願いします。 
(2) 申込締切  所属地域剣道連盟が定めた期日
   
(3) 申 込 先  〒810-0052 福岡市中央区大濠1-1-1 福岡武道館内
                 (公社)福岡県剣道連盟
                 TEL 092-712-1890 FAX 092-712-1891

(4) 申 込 書  ア 所定の用紙による。
           イ 七段の取得年月日、生年月日は正確に記入すること。
             (記載のない場合または虚偽の場合は受審を認めない)
9. 審査料
     (審 査 料)  18,500円
     (事務手数料等)所属地域剣道連盟が定めた金額

10. 合格発表
     審査終了後、受審番号により合格者を発表する。合格者の氏名を、正面玄関に掲示する。
後日、合格者決定通知と証書を合格者の都道府県剣道連盟に送付するとともに全剣連月刊「剣窓」1月号および全剣連ホームページ(http://www.Kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。

11. 安全対策
     受審者は、各自十分健康管理に留意し審査会に参加すること。
受審者は、健康保険証を持参のこと。
高齢の受審者については、特に留意のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合は、医師または看護師により応急処置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合、当日の治療費(手術、入院費は含まない)は主催者が負担する。
      なお、主催者は、審査中の受審者の事故に対し(審査会場への往復途上を含む)
傷害保険に加入する。

12. 個人情報保護法への対応
   ※以下を申込者に周知して下さい。
    申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣 
道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホー
ムページ、剣窓等)に公表することがある。更に、剣道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

13. 注意事項
(1) 受審者は、各都道府県剣道連盟に、本人の申込み受理の確認を審査会前日までに行い、参加すること。
(2) 審査会場に、車での来場は一切禁止する。
(3) 日本剣道形審査に不合格となった受審者は再受審が認められる。
  ただし、当日日本剣道形を受審しない者の再受審は認めない。
     なお、本審査日より1年経過後は、再受審は無効となるので、留意すること。

剣道七段および六段審査会(愛知)要項


愛知県六−七段審査会要項

段位審査申込書六段
段位審査申込書七段

1. 期  日
    (1) 七段審査会
① 平成30年11月17日(土)
      ② 受付開始・終了および審査開始時刻
         ア.54歳以下(54歳含む)
           受付時間 午前9時~9時30分まで
           審査開始 午前9時50分(予定)
         イ.55歳以上(55歳含む)
           受付時間 午前11時30分~12時(正午)まで
           審査開始 54歳以下実技審査終了後
    (2) 六段審査会
① 平成30年11月18日(日)
      ② 受付開始・終了および審査開始時刻
         ア.49歳以下(49歳含む)
           受付時間 午前9時~9時30分まで
           審査開始 午前9時50分(予定)
         イ.50歳以上(50歳含む)
           受付時間 午前11時30分~12時(正午)まで
           審査開始 49歳以下実技審査終了後

※受付終了後は、審査の進行上、一切受付けません。必ず時間を厳守してください。

2. 会  場
      名古屋市枇杷島スポーツセンター
  (名古屋市西区枇杷島一丁目1番2号) 電話052-532-4121
※別紙案内図参照
3. 主  催
      全日本剣道連盟
4. 審査方法
    全日本剣道連盟 剣道称号・段級位審査規則・細則ならびに剣道称号・段位実施要領による。
5. 審査科目
    七段・六段とも、次による。
(1) 実技
(2) 日本剣道形(実技審査合格者のみ)
   ※日本剣道形審査において使用する木刀は全剣連で準備します。

6. 受審資格
(1) 七  段
平成24年11月30日以前に六段を取得した者。
(2) 六  段
平成25年11月30日以前に五段を取得した者。
7. 年齢基準
    審査日の当日(七段は平成30年11月17日、六段は平成30年11月18日)とする。

8. 申込み
(1) 申込方法 受審を希望する者は、登録連盟を通じて申込むこと。
           地域剣連は、申込者を一括して(公社)福岡県剣道連盟に申込むこと。なお、個人直接の申込みは受理しない。
    (2) 申込締切 所属地域剣道連盟が指定した期日
    (3) 申 込 先 〒810-0052 福岡市中央区大濠1-1-1福岡武道館内
           (公社)福岡県剣道連盟 TEL 092-712-1890 FAX 092-712-1891
(4) 申 込 書 ア 各段位ごとに所定の用紙による。
           イ 現在受有段位の取得年月日、生年月日は正確に記入するこ
と。(記載のない場合または虚偽の場合は受審を認めない)
           ウ 剣道七・六段申込書には審査開催地(愛知県)を明確に記入すること。
     ※地域剣連は受審申込者に受付時間を周知徹底してください。
9. 審査料 他
    (七段審査料) 17,400円
(六段審査料) 13,800円
(事務手数料等)所属地域剣道連盟が定めた金額
   
10. 合格発表
    審査終了後、受審番号により合格者を発表する。後日、合格者決定通知と証書を各都道府県剣道連盟に送付するとともに全剣連月刊「剣窓」1月号および全剣   
連ホームページ(http://www.Kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。
11. 安全対策
    受審者は、各自十分健康管理に留意し審査会に参加すること。
受審者は、健康保険証を持参のこと。
高齢の受審者については、特に留意のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合は、医師または看護師により応急処置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合、当日の治療費(手術、入院費は含まない)は主催者が負担する。
    なお、主催者は、審査中の受審者の事故に対し(審査会場への往復途上を含む)
傷害保険に加入する。
12. 個人情報保護法への対応
   ※以下を申込者に周知して下さい。
    申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣 
道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホー
ムページ、剣窓等)に公表することがある。更に、剣道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。
13. 注意事項
(1) 本審査会には、11月25日(日)東京都で実施される剣道六段審査会、11月27日(火)・28日(水)東京都で実施される剣道七段審査会の受審者は、受審出来ない。
(2) 受審者は、各都道府県剣道連盟に、本人の申込み受理の確認を審査会前日ま
でに行い、参加すること。
(3) 審査会場に、車での来場は一切禁止する。
(4) 日本剣道形審査に不合格となった受審者は、再受審が認められる。
  ただし、当日日本剣道形を受審しない者の再受審は認めない。
  なお、本審査日より1年経過後は、再受審は無効となるので、留意すること。

第18回福岡県ねんりんスポーツ・文化祭 剣道交流大会実施要項

1.主  催 福岡県、福岡県ねんりんスポーツ・文化祭実行委員会

2.主  管 公益社団法人福岡県剣道連盟

3.後  援  福岡市(予定)

4.日 時 平成30年10月8日(月祝 )
①受 付  午前 8時30分 ~ 午前 9時
②開会式 午前 9時30分 ~ 午前 10時
③試 合 午前 10時15分 ~ 午後 4時30分
④表彰式 午後 4時30分 ~ 午後 5時
⑤閉会式 午後 5時

5.会 場  福岡市九電記念体育館(福岡市中央区薬院4-14-1)
       TEL 092-524-3906
      
6.参加資格  ①県内在住の60歳以上の者(昭和34年4月1日以前に生まれた者)
        ②年齢基準は、大会当日とする。(但し、60歳は年度内に達すれば
よい)

7.競技規定  試合は全日本剣道連盟「剣道試合・審判規則及び細則」並びに本大会実施要項により行う。

8.競技方法  午前中に団体戦を行い、終了後個人戦を行う。特に昼食時間は設けない。団体戦・個人戦全てトーナメント方式で実施する。
○同一剣連が複数のチームで団体戦に出場することができる。
なお、団体戦・個人戦(女子含む)とも出場できる。
○怪我等の理由による選手変更の場合は、速やかに(公社)福岡県剣道連盟事務局に申し出ること。(急病による選手変更は当日可とする)

9.団体戦の選手構成
1チーム監督1名・選手5名の計6名とする。7段以下とし先鋒・
次鋒・中堅は60歳以上、副将は65~69歳、大将は70歳以上とする。
オーダーは、年齢の若い順から組むこととする。
ただし、男子だけで定数に満たない場合は、女子を含んでも構わない。

10.個人戦の年齢区分
①60歳~64歳
②65歳~70歳
③71歳~79歳
④80歳以上
11.試合時間 ○試合は3本勝負とし、試合時間は団体戦・個人戦ともベスト16までを3分間とし、ベスト8以上は4分間とする。ただし、80歳以上はすべて3分間とする。 

○団体戦において、時間内に勝敗が決しない場合は引き分けとする。
勝者数・総本数が同数の場合は、最初に引き分けた者で代表者決定戦を行う。代表者決定戦は1本勝負とし、時間を区切らずに勝敗が決するまで行う。

○個人戦においては、時間内に勝敗が決しない場合は、2分間の延長戦を行い、更に勝敗が決しない場合は抽選により勝敗を決定する。

〇個人戦各年代決勝(80歳以上を除く)においての延長戦は、時間を2分ごとに区切って勝敗の決するまで行う。
   
12.表  彰  (1)団体戦、個人戦とも、優勝、準優勝、第3位まで表彰する。
(2)出場選手中の最高齢の人に最高齢者賞を贈る。
  ただし、これまでに最高齢賞を受賞された方は対象としない。
(3)参加者全員に参加賞を贈る。

13.参 加 料 団体1チーム 3,000円  個人1人 500円

14.申 込 み  (1)申込方法
     ①所定の申込用紙に必要事項を記入のうえ、各地域剣道連盟で取りまとめ、参加料とともに(公社)福岡県剣道連盟事務局に申し込んでください。
(FAX・メール可)
※チーム名は各地域剣道連盟名で申込みしてください。出場が複数の場合は、チーム名(各地域剣道連盟名)の後にA、Bと明記してください。
②各地域剣道連盟は「15.オーダー表」を(公社)福岡県剣道連盟へ申込期限までに郵送または持参してください。

(2)申込期限
所属地域剣道連盟が指定した期日

(3)参加料振込口座
         所属地域剣道連盟の指定口座

・・・・・・以下は下記書類にてご確認ください。

くわしい情報はこちらの書類をダウンロードしてください(PDF)
<第18回福岡県ねんりんスポーツ・文化祭 剣道交流大会実施要項>
<第18回福岡県ねんりんスポーツ・文化祭 剣道交流大会参加申込用紙>

第2回 福岡県なでしこ親善剣道大会実施要項

1.趣 旨
長年に亘って開催してきた「福岡県家庭婦人剣道大会」を発展させ、家庭婦人だけでなく多くの女性(会員外)に生涯剣道への目標と機会を与え、技術の向上と健康の増進を図ると共に女子剣道の普及発展を図ることを目的として本大会を開催する。

2.主 催
(公社)福岡県剣道連盟
後 援
西日本新聞社

3.会 場
福岡武道館(福岡市中央区大濠1丁目1番1号  電話 092-714-1900)

4.日 時
平成30年9月29日(土)
受付時間 午前 8時30分~ 9時00分
開会式  午前 9時30分
公開演武 午前 9時45分 日本剣道形(木刀で実施・服装は剣道着・袴とする。)
試合開始 午前10時00分

5.参加資格
(1)年齢20歳以上の女性とする。但し、学生は除く。
※年齢基準は大会当日とする。

6.試合方法
(1)(イ)20歳代の部 (ロ)30歳代の部 (ハ)40歳代の部
(ニ)50歳代の部 (ホ)60歳以上の部 で行う。
(2)各年代で一部(二段以下)・二部(三段以上)に分けて試合を行う。

(3)試合時間は4分3本勝負とし、60歳以上の部は3分3本勝負とする。
勝敗が決しない場合は、時間を区切らずに延長戦を行い1本勝負とする。なお、60歳
以上の部の延長戦は時間を2分ごとに区切って勝敗の決するまで行う。
(4)組み合わせは参加者数によってリーグ戦又はトーナメント戦とする。また、参加者数
が少ない場合は年代の混成を行う場合もある。
(5)リーグ戦を行う場合、勝数、総本数全て同数の場合は、トーナメント戦を行い順位を
決定する。また、同率順位の場合は再度試合を行い順位を決定する。試合時間は上記
と同じ。
7.表 彰
各年代の優勝、準優勝、3・4位(リーグ戦)、3位2名(トーナメント戦)には賞状
と副賞を授与する。
8.その他
(1)各人紅白の目印(長さ70㎝ 幅5㎝)を持参すること。
(2)面紐の長さは結び目より40㎝以内とする。
(3)出場選手は、各自健康管理に十分留意し本大会に参加すること。
高齢の選手については特に留意すること。
(4)主催者において、大会実施中、傷害発生の場合は看護師により応急処置を講じ、病院
等で治療を受けられるよう手配する。この場合の治療費は自己負担とする。
なお、主催者は大会中の選手の事故に対し、傷害保険に加入する。選手は健康保険証
を持参のこと。
(5)試合終了後、大会参加者による合同稽古会を実施する。(30分~40分)

9.申し込み
(1)申し込みについては、次の①、②のどちらも可。
①別紙申込書により地域剣道連盟が一括して申し込むこと。
②別紙申込書により個人で申し込むこと。
(2)申し込みは、郵送、FAX、メールのどちらも可。
(3)申し込み締め切り  平成30年8月24日(金)必着
(4)申し込み先
〒810-0052 福岡市中央区大濠1丁目1番1号 福岡武道館内
(公社)福岡県剣道連盟  担当:光岡
TEL 092-712-1890  FAX 092-712-1891
E-mail:mitsuoka@fukuoka-kendo.com

なでしこ親善大会要項(PDF)
なでしこ申込書(PDF)

①六~八段審査会要項(東京・愛知)

平成29年8月17日

連合地区・地域剣道連盟事務局長 様

(公社)福岡県剣道連盟
会長 上田 憲幸
【公印省略】

剣道七・六段審査会「愛知」「東京都」及び八段審査会「東京都」実施について

時下、益々ご清祥のこととお慶び申しあげます。

さて、標記審査会の要項を送付しますので、受審者の申し込みに

あたり、遺漏のないよう手続きをお願いいたします。

1.関係資料
①六~八段審査会要項(東京・愛知)
②六~八段申込書
③会場図(八王子市総合体育館・東京武道館・名古屋市枇杷島スポーツセンター)
④申込み締切り後の取り消し返金について

注:平成29年度11月剣道七段(東京)審査会は、2日間で開催することになりました。つきましては、同審査会の受審申込みにつきましては、同封の申込書「剣道七段審査申込書(東京)」をご使用してください。

〒810-0052
福岡市中央区大濠1-1-1 福岡武道館内
(公社)福岡県剣道連盟 事務局
TEL 092-712-1890 FAX 092-712-1891

H29年6~8段愛知・東京

H29年11月東京・愛知6~8段
段位審査申込書 七段(愛知)
段位審査申込書 七段(東京)
段位審査申込書 剣道八段
H29年11月審査会返金
段位審査申込書 六段

 

剣道七・六段「長野」「福岡」審査会及び称号「錬士・教士」審査会について

福剣連第59号

平成 29年 6月 6日

 

連合地区・地域剣道連盟事務局長 様

 

(公社)福岡県剣道連盟

会長 上田 憲幸

【公印省略】

 

剣道七・六段「長野」「福岡」審査会及び称号「錬士・教士」審査会について

 

時下、益々ご清祥のこととお慶び申しあげます。

さて、標記審査会の関係資料を送付します。教士受審申請書(本人用)は顔写真貼付となっております。各剣連は受審者の申込みに、遺漏のないよう手続きをお願いします。

 

1.関係資料

  • 剣道七段及び六段審査会(長野・福岡)要項
  • 剣道称号「教士・錬士」審査会要項(地域剣連用・受審者用)
  • 剣道七・六段審査会(長野・福岡)2会場図
  • 剣道称号筆記試験実施要領、錬士小論文留意事項、4会場図

(TKPガーデンシティ博多・弘済会館・ウィンクあいち・神戸市勤労会館)

  • 段位、称号審査申込書

⑥係員派遣依頼

⑦係員割り当て人数

⑧剣道称号認定講習会要項

⑨称号認定講習会申込書

※「教士」、「錬士」の締切日が違いますので、受審者への周知徹底の程宜しくお願いします。

※「全剣連社会体育指導者資格(上級)」認定者は剣道称号「教士」筆記試験を免除、「全剣連社会体育指導者資格(中級)認定者は剣道称号「錬士」の小論文提出免除の対象となります。

 

 

 

 

〒810-0052

                                      福岡市中央区大濠1-1-1 福岡武道館内

(公社)福岡県剣道連盟 事務局:梅野 克信

TEL 092-712-1890   FAX 092-712-1891

①H29.8月7・6段(長野・福岡)
②H29.11月 称号「教士・錬士」審査会

③7・6段審査会会場図
④教士筆記試験実施要領、錬士留意事項、4会場図

⑤段位・称号申込書

第35回 福 岡 県 女 子 剣 道 選 手 権 大 会 兼、第56回全日本女子剣道選手権大会県予選会開催について

第35回 福 岡 県 女 子 剣 道 選 手 権 大 会 兼、第56回全日本女子剣道選手権大会県予選会開催について(原文pdf)
第35回 福岡県女子剣道選手権大会兼、全日本女子県予選会 申込書はこちら

平成29年4月3日

連合地区・地域剣道連盟事務局長 殿

(公社)福岡県剣道連盟
会長 上田 憲幸
〔公印省略〕

第35回 福 岡 県 女 子 剣 道 選 手 権 大 会
兼、第56回全日本女子剣道選手権大会県予選会開催について

 時下、益々ご清祥のこととお慶び申しあげます。
標記大会を、下記のとおり開催いたしますので、奮って参加されますようお願いいたします。

1.日  時  平成29年6月18日(日)
受付時間  午前  8時30分~9時
開 会 式  午前 10時

2.会  場  福岡武道館

3.出場資格  ①5段以上は本連盟の登録会員であること。但し、4段位以下は地域の剣道連盟に所属していること。
②年齢18歳以上とし、段位の制限はしない。
(年齢計算は、平成30年4月1日を基準とし、平成12年4月1日
以前に生まれた者)
③予選会出場は一ヶ所とする。違反した者は、出場を取り消す。
④全日本女子選手権大会の出場者は、上位2名とする。

4.注意事項  ①使用する竹刀は、全剣連の「竹刀の基準」を遵守すること。
②紅白目印(長さ70cm・幅5cm)を持参すること。

5.申込方法   所定の申込書により地域剣道連盟で一括して申し込むこと。
(Fax・メール可)
6.申込締切   平成29年5月24日(水)必着。

7.申 込 先   〒810-0052
福岡市中央区大濠1-1-1 福岡武道館内
(公社)福岡県剣道連盟
TEL 092-712-1890
FAX 092-712-1891
E-mail:umeno@fukuoka-kendo.com

8.安全対策   出場選手は、各自十分健康管理に留意し本大会に参加すること。
主催者において、大会実施中傷害発生の場合は、看護師により応急措
置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合の治療
費は自己負担とする。
なお、主催者は大会中の選手の事故に対し、傷害保険に加入する。選手は、健康保険証を持参のこと。

注:職業欄には、企業名、高校・大学名、警察官、刑務官等と、明記のこと。

※本大会の係員は、福岡連合地区剣道連盟に依頼しています。

第65回 福岡県地域対抗剣道大会開催について

福剣連 第346号
平成28年12月26日

連合地区・地域剣道連盟事務局長 各位

(公社)福岡県剣道連盟
会長 上田 憲幸
【公印省略】

第65回 福岡県地域対抗剣道大会開催について

 師走の候、各事務局長におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申しあげます。
日頃より当連盟に多大なご協力をいただき感謝申しあげます。
さて、標記大会を別要項のとおり開催いたします。
つきましては、地域剣道連盟会員の皆様に周知いただき、奮ってご参加いただきますようお願いいたします。

大会概要

>>大会要項はこちら(PDF)
>>申込書はこちら(PDF)

福岡県剣道連盟メニューバー

ページ上部へ