杖 道 八 段 審 査 会(京 都)要 項

1.期  日
   (1)2019年5月3日(祝)
   (2)受付開始・終了および審査開始時刻
        受付時間 午前9時~9時15分まで
        審査開始 午前9時30分(予定)
       
※受付終了後は、審査の進行上、一切受付けません。必ず時間を厳守してください。

2.会  場
    京都市武道センター補助道場
(京都市左京区聖護院円頓美町46番地の2)電話075-751-1255
※ 別紙案内図参照

3.主  催
    全日本剣道連盟

4.審査方法
  全日本剣道連盟 杖道称号・段級位審査規則・細則ならびに杖道称号・段位実施要領による。

5.審査科目
   (1)第一次実技 全剣連杖道6本
(2)第二次実技 全剣連杖道6本(第一次実技審査合格者による)
   ※第一次、第二次実技とも「仕」「打」交替して行う。

6.受審資格
    平成21年5月31日以前に七段を取得し、年齢満46歳以上で修業年限10年以上の者。

7.年齢基準
    審査日の当日(2019年5月3日)とする。

8.申込み
   (1)申込方法  受審を希望する者は、登録連盟を通じて申込むこと。
   (2)申込締切  杖道部が定めた期日
   (3)申 込 先  杖道部
(4)申 込 書  ア 所定の用紙による。
            イ 七段の取得年月日、生年月日は正確に記入すること。
             (記載のない場合または虚偽の場合は受審を認めない)

9.審査料 杖道部が定めた金額
    
10.合格発表
     審査終了後、受信者番号により合格者を発表する。合格者の氏名を、正面玄関に掲示する。
後日、合格者決定通知と証書を合格者の都道府県剣道連盟に送付するとともに全剣連月刊「剣窓」6月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。

11.安全対策
     受審者は、各自十分健康管理に留意し審査会に参加すること。
受審者は、健康保険証を持参のこと。
高齢の受審者については、特に留意のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合、医師または看護師により応急処置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合、当日の治療費(手術、入院費は含まない)は主催者が負担する。
なお、主催者は、審査中の受審者の事故に対し(審査会場への往復途上を含む)、
傷害保険に加入する。

12.個人情報保護法への対応
   ※以下を申込者に周知して下さい。
    申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣 
道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホー
ムページ、剣窓等)に公表することがある。更に、杖道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

13.注意事項
(1)受審者は、各都道府県剣道連盟に、本人の申込み受理の確認を審査会前日までに行い、参加すること。
(2)審査会場に、車での来場は一切禁止する。

居 合 道 八 段 審 査 会(京 都)要 項

1.期  日
   (1)2019年5月3日(祝)
   (2)受付開始・終了および審査開始時刻
        受付時間 午前9時~9時30分まで
        審査開始 午前9時45分(予定)
       
※受付終了後は、審査の進行上、一切受付けません。必ず時間を厳守してください。

2.会  場
    京都市武道センター主道場
(京都市左京区聖護院円頓美町46番地の2)電話075-751-1255
※ 別紙案内図参照

3.主  催
    全日本剣道連盟

4.審査方法
  全日本剣道連盟 居合道称号・段級位審査規則・細則ならびに居合道称号・段位実施要領による。

5.審査科目
   (1)第一次実技 全剣連居合6本(当日開始時に全日本剣道連盟居合の中から6本を指定する)
(2)第二次実技 全剣連居合12本(第一次実技審査合格者による)
   ※第一次実技演武時間は7分以内、第二次実技演武時間は12分以内とし、正面の礼より計測し、正面の礼を終了し、携刀姿勢になるまでとする。

6.受審資格
    平成21年5月31日以前に七段を取得し、年齢満46歳以上で修業年限10年以上の者。

7.年齢基準
    審査日の当日(2019年5月3日)とする。

8.申込み
   (1)申込方法  受審を希望する者は、居合道部を通じて申込むこと。
   (2)申込締切  居合道部が定めた期日
   (3)申 込 先  居合道部
(4)申 込 書  ア 所定の用紙による。
            イ 七段の取得年月日、生年月日は正確に記入すること。
             (記載のない場合または虚偽の場合は受審を認めない)

9.審査料 居合道部が定めた金額
     

10.合格発表
     審査終了後、受信番号により合格者を発表する。合格者の氏名を、正面玄関に掲示する。
後日、合格者決定通知と証書を合格者の都道府県剣道連盟に送付するとともに全剣連月刊「剣窓」6月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。

11.安全対策
     受審者は、各自十分健康管理に留意し審査会に参加すること。
受審者は、健康保険証を持参のこと。
高齢の受審者については、特に留意のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合、医師または看護師により応急処置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合、当日の治療費(手術、入院費は含まない)は主催者が負担する。
なお、主催者は、審査中の受審者の事故に対し(審査会場への往復途上を含む)、
傷害保険に加入する。

12.個人情報保護法への対応
   ※以下を申込者に周知して下さい。
    申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣 
道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホー
ムページ、剣窓等)に公表することがある。更に、居合道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

13.注意事項
(1)受審者は、各都道府県剣道連盟に、本人の申込み受理の確認を審査会前日
までに行い、参加すること。
(2)審査会場に、車での来場は一切禁止する。

六段・七段・八段審査会要項

剣 道 六 段 審 査 会(京 都)要 項
剣 道 七 段 審 査 会(京 都)要 項
剣道七段および六段審査会(愛知)要項
剣 道 八 段 審 査 会(京 都)要 項
2019年5月(京都・愛知)剣道6〜8段審査会(HP用)<こちらからご覧ください(pdf)>

杖道称号「教士」/「錬士」審査会要項(受審者用)

杖道称号「教士」審査会要項(受審者用)

全日本剣道連盟
                             (公社)福岡県剣道連盟
1.申込対象者
 杖道錬士七段受有者で、七段受有後2年以上を経過(平成29年5月31日以前に取得)した者。

2.申込方法
(1) 受審希望者は、所定の教士受審申請書(自筆、顔写真貼付、パソコン不可)を杖道部に提出する。
(2) 年齢基準は審査当日(5月3日)とする。

3.申込締切  杖道部が定めた期日

4.都道府県剣連の推薦
 都道府県剣連会長は、申込者が称号・段級位審査規則第10条第2項の付与基準に該当し、かつ、称号・段位審査実施要領の「教士を受審しようとする者の備えるべき要件」(①~③)を満たしていると認めた場合、全剣連会長に候補者として推薦する。

5.審査の方法
 都道府県剣連会長から推薦のあった候補者について、杖道(解説)、試合・審判、指導法、称号・段位、健康・安全および杖道に関する小論文の筆記試験を行い、試験結果を審査会に提出し合否を決定する。
(1)筆記試験日時     平成31年4月13日(土)
   受付開始・終了    12時30分~午後1時
   筆記試験開始・終了 午後1時30分~午後4時30分(予定)
(2)筆記試験会場     東京都・兵庫県・福岡県の3か所で実施。
   各都道府県剣連は、受審者の試験会場希望地を候補者推薦書の[教士試験会場欄]に記載すること。

東京都会場    弘 済 会 館 4階
 (東京都千代田区麹町5丁目1番地) 電話 03-5276-0333
  交通機関
  ●JR総武線、中央線「四谷駅」下車 麹町出口から徒歩5分 
  ●地下鉄丸ノ内線、南北線「四谷駅」下車 1番出口から徒歩5分
●地下鉄有楽町線「麹町駅」下車 2番出口から徒歩5分
●バス 新宿西口~三宅坂、晴海埠頭~四谷「麹町5丁目」下車 徒歩1分

兵庫県会場   神戸市勤労会館
(神戸市中央区雲井通5丁目1-2) 電話 078-232-1881
  交通機関
  ●市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー 各「三宮駅」から東へ徒歩5分
  
福岡県会場  TKPガーデンシティ博多(アネックス)
(福岡市博多区博多駅前4-11-18 ホテルサンライン福岡博多駅前2F) 
                  電話092-433-0520
  交通機関
  ●JR・市営地下鉄「博多駅」博多口から徒歩5分
  ●西鉄バス 駅前4丁目バス停前
  
※ 試験会場に、車での来場は一切禁止とします。

(3)試験方法については、後日、各都道府県剣連に通知と全剣連月刊「剣窓」平成31年
3月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に掲載する。
(4)試験会場への携行品   筆記具(鉛筆またはシャープペンシル、消しゴム)

6.審査料   杖道部が定めた審査料

7.合格発表    
 審査終了後、合格者決定通知と証書を合格者の登録都道府県剣連に送付するほか、後日、全剣連月刊「剣窓」平成30年6月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。

8.個人情報保護法への対応
 申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホームページ、剣窓等)に公表することがある。更に、杖道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

9.注意事項
 受審者が不正行為をした場合、試験官はその行為を確認のうえ、試験会場より退場してもらうことがある。また、解答を教えた者、見せた者も同様とする。

杖道称号「錬士」審査会要項(受審者用)

全日本剣道連盟
                             (公社)福岡県剣道連盟
1.申込対象者
(1)杖道六段受有者で、受有後1年以上を経過(平成30年5月31日以前に取得)した者。
(2)杖道五段受有者で、受有後10年以上を経過(平成21年5月31日以前に取得)し、かつ、年齢60歳以上の者(称号・段級位審査規則第11条2項による特例)。

2.申込方法
 (1) 受審希望者は、所定の錬士受審申請書に小論文(いずれも手書きによる自筆、パソコン不可)を添え、杖道部に提出する。
(2) 年齢基準は審査当日(5月3日)とする。

3.小論文の内容
(1)課題 平成19年3月14日制定の「剣道指導の心構え」の要点を記し、それをふまえたうえでのあなたの杖道修業について述べなさい。
(2)字数 400字以上800字以内。
(3)用紙  400字詰め原稿用紙(市販のB4縦書き)。用紙1~4行目に表題と登録都道府県・
氏名を記し、5行目2段目より書くこと。必ずボールペンまたは万年筆を使用す
ること。2枚の原稿用紙は右上ホッチキスで止めること。(凡例参照)
(4)提出 封筒長3(長さが23.5cm・幅が12cm)の表に「杖道錬士受審」、裏に登録都道
府県と氏名を表記のうえ封印すること。

4.申込締切  杖道部が定めた期日

5.都道府県剣連の推薦
 都道府県剣連会長は、申込者が規則第10条第1項の付与基準に該当し、かつ、実施要領の「錬士を受審しようとする者の備えるべき要件」(①~③)を満たしていると認めた場合、全剣連会長に候補者として推薦する。

6.審査方法
(1)小論文の審査
  課題に対して適切な内容でまとめられているか、杖道に対する受け止め方と文章の表現能力等について審査を行う。
(2)審査会による審査
  小論文を採点のうえ審査会に付議して合否を決定する。

7.審査会期日  2019年5月3日(祝)

8.審査料    杖道部が定めた審査料

9.合格発表 
  審査終了後、合格者決定通知と証書を合格者の登録都道府県剣連に送付するほか、後日、全剣連月刊「剣窓」平成30年6月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。

10.個人情報保護法への対応
 申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホームページ、剣窓等)に公表することがある。更に、杖道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

「錬士」特例受審の場合は、本人用と錬士候補推薦書2枚提出のこと。

居合道称号「教士」/「錬士」審査会要項(受審者用)

居合道称号「教士」審査会要項(受審者用)

全日本剣道連盟
(公社)福岡県剣道連盟

1.申込対象者
 居合道錬士七段受有者で、七段受有後2年以上を経過(平成29年5月31日以前に取得)した者。

2.申込方法
 (1) 受審希望者は、所定の教士受審申請書(自筆、顔写真貼付、パソコン不可)を居合道部に提出する。
(2) 年齢基準は審査当日(5月3日)とする。

3.申込締切  居合道部が定めた期日

4.都道府県剣連の推薦
 都道府県剣連会長は、申込者が称号・段級位審査規則第10条第2項の付与基準に該当し、かつ、称号・段位審査実施要領の「教士を受審しようとする者の備えるべき要件」(①~③)を満たしていると認めた場合、全剣連会長に候補者として推薦する。

5.審査の方法
 都道府県剣連会長から推薦のあった候補者について、居合(解説)、試合・審判、指導法、称号・段位、健康・安全および居合道に関する小論文の筆記試験を行い、試験結果を審査会に提出し合否を決定する。
(1)筆記試験日時     平成31年4月13日(土)
   受付開始・終了    12時30分~午後1時
   筆記試験開始・終了 午後1時30分~午後4時30分(予定)
(2)筆記試験会場     東京都・兵庫県・福岡県の3か所で実施。
   各都道府県剣連は、受審者の試験会場希望地を候補者推薦書の[教士試験会場欄]に記載すること。

東京都会場    弘 済 会 館 4階
 (東京都千代田区麹町5丁目1番地) 電話 03-5276-0333
  交通機関
  ●JR総武線、中央線「四ツ谷駅」下車 麹町出口から徒歩5分 
  ●地下鉄丸ノ内線、南北線「四ツ谷駅」下車 1番出口から徒歩5分
●地下鉄有楽町線「麹町駅」下車 2番出口から徒歩5分
●バス 新宿西口~三宅坂、晴海埠頭~四谷「麹町5丁目」下車 徒歩1分

兵庫県会場  神戸市勤労会館
 (神戸市中央区雲井通5丁目1-2) 電話 078-232-1881
  交通機関
  ●市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー 各「三宮駅」から東へ徒歩5分
  
福岡県会場  TKPガーデンシティ博多(アネックス)
(福岡市博多区博多駅前4-11-18 ホテルサンライン福岡博多駅前2F)
                  電話092-433-0520
  交通機関
  ●JR・市営地下鉄「博多駅」博多口から徒歩5分
  ●西鉄バス 駅前4丁目バス停前

※ 試験会場に、車での来場は一切禁止とします。

(3)試験方法については、後日、各都道府県剣連に通知と全剣連月刊「剣窓」平成31年
3月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に掲載する。
(4)試験会場への携行品 ・筆記具(鉛筆またはシャープペンシル、消しゴム)

6.審査料   居合道部が定めた審査料

7.合格発表    
 審査終了後、合格者決定通知と証書を合格者の登録都道府県剣連に送付するほか、後日、全剣連月刊「剣窓」2019年6月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。

8.個人情報保護法への対応
 申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホームページ、剣窓等)に公表することがある。更に、居合道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

9.注意事項
 受審者が試験中に不正行為をした場合、試験官はその行為を確認のうえ、試験会場より退場してもらうことがある。また、解答を教えた者、見せた者も同様とする。

居合道称号「錬士」審査会要項(受審者用)

全日本剣道連盟
                             (公社)福岡県剣道連盟
1.申込対象者
(1)居合道六段受有者で、受有後1年以上を経過(平成30年5月31日以前に取得)した者。
(2)居合道五段受有者で、受有後10年以上を経過 (平成21年5月31日以前に取得) し、かつ、年齢60歳以上の者(称号・段級位審査規則第11条2項による特例)。

2.申込方法
(1) 受審希望者は、所定の錬士受審申請書に小論文(いずれも手書きによる自筆、パソコン不可)を添え、居合道部に提出する。
(2) 年齢基準は審査当日(5月3日)とする。

3.小論文の内容
(1)課題 平成19年3月14日制定の「剣道指導の心構え」の要点を記し、それをふまえたうえでのあなたの居合道修業について述べなさい。
(2)字数 400字以上800字以内。
(3)用紙 400字詰め原稿用紙(市販のB4縦書き)。用紙1~4行目に表題と登録都道府県・氏名を記し、5行目2段目より書くこと。必ずボールペンまたは万年筆を使用すること。2枚の原稿用紙は右上ホッチキスで止めること。(凡例参照)
(4)提出 封筒長3(長さが23.5cm・幅が12cm)の表に「居合道錬士受審」、裏に登録都道府県と氏名を表記のうえ封印すること。

4.申込締切  居合道部が定めた期日

5.都道府県剣連の推薦
  都道府県剣連会長は、申込者が規則第10条第1項の付与基準に該当し、かつ、実施要領の「錬士を受審しようとする者の備えるべき要件」(①~③)を満たしていると認めた場合、全剣連会長に候補者として推薦する。

6.審査の方法
(1)小論文の審査
   課題に対して適切な内容でまとめられているか、居合道に対する受け止め方と文章の表現能力等について審査を行う。
(2)審査会による審査
   小論文を採点のうえ審査会に付議して合否を決定する。

7. 審査会期日  2019年5月3日(祝)

8.審査料   居合道部が定めた審査料

9.合格発表 
  審査終了後、合格者決定通知と証書を合格者の登録都道府県剣連に送付するほか、後日、全剣連月刊「剣窓」2019年6月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。

10. 個人情報保護法への対応
  申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホームページ、剣窓等)に公表することがある。更に、居合道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

※「錬士」特例受審の場合は、本人用と錬士候補推薦書2枚提出のこと。

剣道称号「教士」/「錬士」審査会要項(受審者用)

剣道称号「教士」審査会要項(受審者用)
1.申込対象者
 剣道錬士七段受有者で、七段受有後2年以上を経過(平成29年5月31日以前に取得)した者。

2.申込方法
 (1) 受審希望者は、所定の教士受審申請書(自筆、顔写真貼付、パソコン不可)を所属剣連に提出する。
(2) 年齢基準は審査当日(5月6日)とする。

3.申込締切  所属剣連が定めた期日

4.都道府県剣連の推薦
 都道府県剣連会長は、申込者が称号・段級位審査規則第10条第2項の付与基準に該当し、かつ、称号・段位審査実施要領の「教士を受審しようとする者の備えるべき要件」(①~③)を満たしていると認めた場合、全剣連会長に候補者として推薦する。

5.審査方法
 都道府県剣連会長から推薦のあった候補者について、日本剣道形、試合・審判、指導法、木刀による剣道基本技稽古法、称号・段位、健康・安全および剣道に関する小論文の筆記試験を行い、試験結果を審査会に提出し合否を決定する。
(1)筆記試験日時     平成31年4月13日(土)
   受付開始・終了    12時30分~午後1時
   筆記試験開始・終了 午後1時30分~午後4時30分(予定)
(2)筆記試験会場     東京都・兵庫県・福岡県の3か所で実施。
   各都道府県剣連は、受審者の試験会場希望地を候補者推薦書の[教士試験会場欄]に記載すること。

東京都会場     弘 済 会 館 4階
(東京都千代田区麹町5丁目1番地) 電話 03-5276-0333
  交通機関
  ●JR総武線・中央線「四ツ谷駅」下車 麹町出口から徒歩5分 
  ●地下鉄丸ノ内線、南北線「四ツ谷駅」下車 1番出口から徒歩5分
●地下鉄有楽町線「麹町駅」下車 2番出口から徒歩5分
●バス 新宿西口~三宅坂、晴海埠頭~四谷「麹町5丁目」下車 徒歩1分

兵庫県会場   神戸市勤労会館
  (神戸市中央区雲井通5丁目1-2) 電話 078-232-1881
  交通機関
  ●市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー 各「三宮駅」から東へ徒歩5分
  
福岡県会場   TKPガーデンシティ博多(アネックス)
(福岡市博多区博多駅前4-11-18 ホテルサンライン福岡博多駅前2F)
                            電話092-433-0520
  交通機関
●JR・市営地下鉄「博多駅」博多口から徒歩5分
  ●西鉄バス 駅前4丁目バス停前

※ 試験会場に、車での来場は一切禁止とします。

(3)試験方法については、後日、各都道府県剣連に通知と全剣連月刊「剣窓」平成30年
3月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に掲載する。
(4)試験会場への携行品 ・筆記具(鉛筆またはシャープペンシル、消しゴム)

6.審査料   所属剣連が定めた審査料

7.合格発表    
 審査終了後、合格者決定通知と証書を合格者の登録都道府県剣連に送付するほか、後日、全剣連月刊「剣窓」2019年6月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。

8.個人情報保護法への対応
 申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は、全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホームページ、剣窓等)に公表することがある。更に、剣道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

9.注意事項
 受審者が不正行為をした場合、試験官はその行為を確認のうえ、試験会場より退場してもらうことがある。また、解答を教えた者、見せた者も同様とする。

※ 剣道称号審査における「教士筆記試験」の免除について
「全剣連社会体育指導者資格(上級)」認定者は剣道称号「教士」の筆記試験を免除する。

剣道称号「錬士」審査会要項(受審者用)

全日本剣道連盟
                             (公社)福岡県剣道連盟
1.申込対象者
(1)剣道六段受有者で、受有後1年以上を経過(平成30年5月31日以前に取得)した者。
(2)剣道五段受有者で、受有後10年以上を経過(平成21年5月31日以前に取得)し、かつ、年齢60歳以上の者(称号・段級位審査規則第11条2項による特例)。

2.申込方法
(1) 受審希望者は、所定の錬士受審申請書に小論文(いずれも手書きによる自筆、パソ
コン不可)を添え、所属剣連に提出する。
  (2) 年齢基準は審査当日(5月6日)とする。

3.小論文の内容
(1)課題 平成19年3月14日制定の「剣道指導の心構え」の要点を記し、それをふまえたうえでのあなたの剣道修業について述べなさい。
(2)字数 400字以上800字以内。
(3)用紙 400字詰め原稿用紙(市販のB4縦書き)。用紙1~4行目に表題と登録都道
府県・氏名を記し、5行目2段目より書くこと。必ずボールペンまたは万年筆を使用すること。2枚の原稿用紙は右上ホッチキスで止めること。(凡例参照)
(4)提出 封筒長3(長さが23.5cm・幅が12cm)の表に「剣道錬士受審」、裏に登録都
道府県と氏名を表記のうえ封印すること。

4.申込締切  所属剣連が定めた期日

5.都道府県剣連の推薦
 都道府県剣連会長は、申込者が規則第10条第1項の付与基準に該当し、かつ、実施要領の「錬士を受審しようとする者の備えるべき要件」(①~③)を満たしていると認めた場合、全剣連会長に候補者として推薦する。

6.審査の方法
(1)小論文の審査
   課題に対して適切な内容でまとめられているか、剣道に対する受け止め方と文章の表現能力等について審査を行う。
(2)審査会による審査
   小論文を採点のうえ審査会に付議して合否を決定する。

7.審査会期日  2019年5月6日(月)

8.審査料    所属剣連が定めた審査料

9.合格発表 
  審査終了後、合格者決定通知と証書を合格者の登録都道府県剣連に送付するほか、後日、全剣連月刊「剣窓」2019年6月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。

10.個人情報保護法への対応
  申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は、全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホームページ、剣窓等)に公表することがある。更に、剣道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

※「錬士」特例受審の場合は、本人用と錬士候補推薦書2枚提出のこと。
※ 剣道称号審査における「錬士小論文提出」の免除について
 「全剣連社会体育指導者資格(中級)」認定者は剣道称号「錬士」の小論文提出を免除する。

平成30年度 冬季剣道段位(高三段~五段)審査会開催について

下記のとおり、平成30年度冬季剣道段位審査会を実施いたします。

1. 日  時   平成31年2月3日(日)
受付時間  午前 8時30分~9時
開 会 式  午前 9時50分
審査開始  午前 10時20分

2. 会  場   福岡武道館(福岡市中央区大濠1-1-1 TEL 092-714-1900)

3. 審査段位   高校三段・四段・五段

4. 受審資格   高校三段・・・二段取得後2年以上修業した者。
(平成29年2月28日以前に取得した者)
四  段・・・三段取得後3年以上修業した者。
(平成28年2月29日以前に取得した者)
五  段・・・四段取得後4年以上修業した者。
(平成27年2月28日以前に取得した者)
※外国人の受審者で、現段を外国で取得の場合は、申し込みをする前に福岡県剣道連盟に問い合わせをしてください。

5. 審査方法  全日本剣道連盟 剣道称号・段級位審査規則・細則および(公社)福岡県剣道
連盟段位審査規程による。

6. 申込方法  規定の申込書により、各剣道連盟で一括し、審査料を添えて申込むこと。
(会長印のないものは受付けない)
※段位審査申込書の職業コード表を変更しましたので、添付の申込書にて申込みをお願いします。

7. 申込先   所属地域剣道連盟事務局

8. 申込締切   所属地域剣道連盟が指定した期日

9. 審査料他  三段審査料  5,100円
四段審査料         7,000円
五段審査料         8,900円
事務手数料等 所属地域剣道連盟が定めた金額

10. 安全対策   受審者は、各自十分健康管理に留意し本審査会に参加すること。
高齢の受審者については、特に留意のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合は、看護師により応急措置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合の治療費は自己負担とする。
なお、受審者は自己責任において、傷害保険に加入すること。

11. 特例措置   特例措置として次の (1)・(2) のいずれかに該当する受審者は、 学科の審査(五段の筆記試験)を免除する。
(1) 審査当日に満年齢70歳以上の者。
(2) 全剣連社会体育指導者資格初級の認定を受けた者

 
高三〜五段冬季審査会要項要項(pdf)はこちら

初段〜五段 段位審査申込書(pdf)はこちら

剣道七段および六段審査会申込み者の受審会場変更および 剣道八段・七段・六段、申込み締切り後の取り消し返金について

剣道七段および六段審査会申込み者の受審会場変更および
剣道八段・七段・六段、申込み締切り後の取り消し返金について

平成30年8月24日
地域剣道連盟事務局長 殿
全日本剣道連盟
(公社)福岡県剣道連盟

 標記の件につきまして、審査会における当日欠席者の中には、申込みをしたが、仕事等の都合でやむを得ず申込み場所で受審できない方がおります。
つきましては、本年11月の愛知県・東京都で実施いたします剣道七段・六段審査会を受審される方について、下記により受審場所の変更を認めます。
なお、剣道八段・七段・六段審査会申込み締切り後の取り消し返金の申し出については下記の期日までとします。

変更を認める者
1.平成30年11月実施の剣道七段・六段審査会(愛知県・東京)に申込みをしている者。
2.書面またはFAXにより、変更通知を11月1日(木)までに、福岡県剣道連盟に提出した者。

返金受付期日
1.剣道七段・六段審査会(愛知県)申込み締切り後の返金の申し出受付けは、書面またはFAXにより、返金申し出を11月1日(木)までに、福岡県剣道連盟に提出した者。
2.剣道八段・七段・六段審査会(東京都)申込み締切り後の返金の申し出受付けは書面またはFAXにより、返金申し出を11月8日(木)までに、福岡県剣道連盟に提出した者。

以 上

剣 道 六 段 ー八段 審 査 会(東 京 )要 項

審査要項はこちらからダウンロードしてください
審査要項はこちらからダウンロードしてください

段位審査申込書六段
段位審査申込書七段
段位審査申込書八段

剣 道 六 段 審 査 会(東 京 )要 項

平成30年8月24日
全日本剣道連盟
(公社)福岡県剣道連盟
1. 期  日
     (1) 平成30年11月25日(日)
     (2) 受付開始・終了および審査開始時刻
       ア.49歳以下(49歳含む)
         受付時間 午前9時~9時30分まで
         審査開始 午前9時50分(予定)
       イ.50歳以上(50歳含む)
         受付時間 午前11時30分~12時(正午)まで
         審査開始 49歳以下実技審査終了後

※受付終了後は、審査の進行上、一切受付けません。必ず時間を厳守してください。

2. 会  場
      エスフォルタアリーナ八王子(八王子市総合体育館)
 (東京都八王子市狭間町1453番1)  電話042-662-4880
※開場は午前9時です。それ以前の入館はできませんのでご注意ください。
※別紙案内図参照

3. 主  催
       全日本剣道連盟

4. 審査方法
    全日本剣道連盟 剣道称号・段級位審査規則・細則ならびに剣道称号・段位実施要領による。

5. 審査科目
      (1)実技
(2)日本剣道形(実技審査合格者のみ)
    ※日本剣道形審査において使用する木刀は全剣連で準備します。

6. 受審資格
      平成25年11月30日以前に五段を取得した者。

7. 年齢基準
      審査日の当日(平成30年11月25日)とする。

8. 申込み
     (1) 申込方法  受審を希望する者は、登録連盟を通じて申込むこと。
           地域剣連は、申込者を一括して(公社)福岡県剣道連盟に申込
むこと。なお、個人直接の申込みは受理しない。

(2) 申込締切  所属地域剣道連盟が指定した期日

(3) 申 込 先  〒810-0052 福岡市中央区大濠1-1-1 福岡武道館内
                  (公社)福岡県剣道連盟 事務局
                  TEL 092-712-1890 FAX 092-712-1891
(4) 申 込 書
           ア 所定の用紙による。
           イ 五段位の取得年月日、生年月日は正確に記入すること。
            (記載のない場合または虚偽の場合は受審を認めない)
           ウ 申込書には審査開催地(東京都)を明確に記入すること。
※ 地域剣連は受審申込者に受付時間を周知徹底してください。

9. 審査料
(六段審査料) 13,800円
(事務手数料等)所属地域剣道連盟が定めた金額

10. 合格発表
     審査終了後、受審番号により合格者を発表する。後日、合格者決定通知と証書を各都道府県剣道連盟に送付するとともに全剣連月刊「剣窓」1月号および全剣連ホームページ(http://www.Kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。
11. 安全対策
     受審者は、各自十分健康管理に留意し本審査会に参加すること。
 受審者は、健康保険証を持参のこと。
高齢の受審者については、特に留意のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合は、医師または看護師により応急処置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合、当日の治療費(手術、入院費は含まない)は主催者が負担する。
    なお、主催者は、審査中の受審者の事故に対し(審査会場への往復途上を含む)
傷害保険に加入する。

12. 個人情報保護法への対応
    ※以下を申込者に周知して下さい。
     申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホームページ、剣窓等)に公表することがある。更に、剣道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

13. 注意事項
(1) 本審査会には、11月18日(日)愛知県で実施される剣道六段審査会の受
審者は、受審出来ない。
(2) 受審者は、各都道府県剣道連盟に、本人の申込み受理の確認を審査会前日
までに行い、参加すること。
(3) 審査会場に、車での来場は一切禁止する。
(4) 日本剣道形審査に不合格となった受審者は、再受審が認められる。
   ただし、当日日本剣道形を受審しない者の再受審は認めない。
なお、本審査日より1年経過後は、再受審は無効となるので、留意すること。

剣 道 七 段 審 査 会(東 京)要 項
平成30年8月24日
全日本剣道連盟
(公社)福岡県剣道連盟
1.期  日
     (1) 平成30年11月27日(火)・28日(水)
     (2) 受付開始・終了および審査開始時刻
      2日間とも、次による。
      「午前の部」
       受付時間 午前9時~9時30分まで
       審査開始 午前9時50分(予定)
      「午後の部」
       受付時間 午前11時30分~12時(正午)まで
       審査開始 午前の部実技審査終了後
      ※ なお、審査は2日に分けて行うため、1日目と2日目の午前の部・午後の部の受付年齢は、申込締切後、各都道府県剣道連盟に通知するとともに、全剣連月刊「剣窓」12月号および全剣連ホームページ(http://www.kendo.or.jp/)に掲載いたします。

※受付終了後は、審査の進行上、一切受付けません。必ず時間を厳守してください。

2. 会  場
     東 京 武 道 館(東京都足立区綾瀬3-20-1)電話03-5697-2111
     ※ 開場は午前9時です。それ以前の入館はできませんのでご注意ください。
     ※ 別紙案内図参照
3. 主  催
     全日本剣道連盟
4. 審査方法
   全日本剣道連盟 剣道称号・段級位審査規則・細則ならびに剣道称号・段位実施要領による。

5. 審査科目
    (1) 実技
(2) 日本剣道形(実技審査合格者のみ)
   ※日本剣道形審査において使用する木刀は全剣連で準備します。

6. 受審資格
     平成24年11月30日以前に六段を取得した者。

7. 年齢基準
     審査日の当日(1日目は平成30年11月27日、2日目は平成30年11月28日)とする。

8. 申込み
    (1) 申込方法  受審を希望する者は、1日目(11月27日)、2日目(11月28日)のどちらかの受審希望日を選択し、登録連盟を通じて申込むこと。地域剣連は、申込者を一括して(公社)福岡県剣道連盟に申込むこと。なお、個人直接の申込みは受理しない。
           ※各都道府県剣道連盟内において、受審希望日に大きな差異が生じる場合には、事前に各剣連内で人員調整を行うこともあり、この場合はご協力をお願いします。
(2) 申込締切  所属地域剣道連盟が指定した期日
(3) 申 込 先  〒810-0052 福岡市中央区大濠1-1-1 福岡武道館内
                  (公社)福岡県剣道連盟
                  TEL 092-712-1890 FAX 092-712-1891
(4) 申 込 書
          ア 所定の用紙による。
          イ 六段位の取得年月日、生年月日は正確に記入すること。
            (記載のない場合または虚偽の場合は受審を認めない)
          ウ 申込書には審査開催地(東京都)を明確に記入すること。
      ※ 地域剣連は受審申込者に受付時間を周知徹底してください。

9. 審査料
    (七段審査料) 17,400円
(事務手数料等)所属地域剣道連盟が定めた金額

10. 合格発表
      審査終了後、受審番号により合格者を発表する。後日、合格者決定通知と証書を各都道府県剣道連盟に送付するとともに全剣連月刊「剣窓」1月号および全剣連ホームページ(http://www.Kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。
11. 安全対策
      受審者は、各自十分健康管理に留意し審査会に参加すること。
受審者は、健康保険証を持参のこと。
高齢の受審者については、特に留意のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合は、医師または看護師により応急処置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合、当日の治療費(手術、入院費は含まない)は主催者が負担する。
      なお、主催者は、審査中の受審者の事故に対し(審査会場への往復途上を含む)傷害保険に加入する。
12. 個人情報保護法への対応
     ※以下を申込者に周知して下さい。
      申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホームページ、剣窓等)に公表することがある。更に、剣道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。
13. 注意事項
(1) 本審査会には、11月17日(土)愛知県で実施される剣道七段審査会の受審者は、受審出来ない。
(2) 受審者は、各都道府県剣道連盟に、本人の申込み受理の確認を審査会前日までに行い、参加すること。
(3) 審査会場に、車での来場は一切禁止する。
(4) 日本剣道形審査に不合格となった受審者は、再受審が認められる。
    ただし、当日日本剣道形を受審しない者の再受審は認めない。
    なお、本審査日より1年経過後は、再受審は無効となるので、留意する
こと。

剣 道 八 段 審 査 会(東 京)要 項

平成30年8月24日
全日本剣道連盟
(公社)福岡県剣道連盟
1. 期  日
    (1) 平成30年11月29日(木)・30日(金)
      第一次実技審査・第二次実技審査・日本剣道形審査
(2) 第一次実技審査受付開始・終了および審査開始時刻
2日間とも、次による。
[午前の部]
受付時間   午前9時~9時30分まで
審査開始   午前9時50分(予定)
[午後の部]
受付時間   午前11時30分~12時(正午)まで
審査開始   午前の部第一次実技審査終了後
     ※ なお、審査は2日に分けて行うため、1日目と2日目の午前の部・午後の部の受付年齢は、申込締切後、各都道府県剣道連盟に通知するとともに、全剣連月刊「剣窓」12月号および全剣連ホームページ(http://www.Kendo.or.jp/)に掲載いたします。

※受付終了後は、審査の進行上、一切受付けません。必ず時間を厳守してください。

2. 会  場
     日 本 武 道 館(東京都千代田区北の丸公園2-3) 電話03-3211-5804
                   (全剣連北の丸事務所)
3. 主  催
     全日本剣道連盟
4. 審査方法
   全日本剣道連盟 剣道称号・段級位審査規則・細則ならびに剣道称号・段位実施要領による。
5. 審査科目
    2日間とも、次による。
(1) 第一次実技
(2) 第二次実技(第一次実技審査合格者による)
(3) 日本剣道形(第二次実技審査合格者による)
    ※日本剣道形審査において使用する木刀は全剣連で準備します。
6. 受審資格
    平成20年11月30日以前に七段を取得し、年齢満46歳以上で修業年限10年以上の者。
7. 年齢基準
    審査日の当日(1日目は平成30年11月29日、2日目は平成30年11月30日)とする。
8. 申込み
   (1) 申込方法   受審を希望する者は、1日目(11月29日)、2日目(11月30日」のどちらかの受審希望日を選択し、登録連盟を通じて申込むこと。
           地域剣連は、申込者を一括して(公社)福岡県剣道連盟に申込むこと。なお、個人直接の申込みは受理しない。
           ※受審希望日に大きな差異が生じた場合には、人員調整を行うこともあり、この場合はご協力をお願いします。 
(2) 申込締切  所属地域剣道連盟が定めた期日
   
(3) 申 込 先  〒810-0052 福岡市中央区大濠1-1-1 福岡武道館内
                 (公社)福岡県剣道連盟
                 TEL 092-712-1890 FAX 092-712-1891

(4) 申 込 書  ア 所定の用紙による。
           イ 七段の取得年月日、生年月日は正確に記入すること。
             (記載のない場合または虚偽の場合は受審を認めない)
9. 審査料
     (審 査 料)  18,500円
     (事務手数料等)所属地域剣道連盟が定めた金額

10. 合格発表
     審査終了後、受審番号により合格者を発表する。合格者の氏名を、正面玄関に掲示する。
後日、合格者決定通知と証書を合格者の都道府県剣道連盟に送付するとともに全剣連月刊「剣窓」1月号および全剣連ホームページ(http://www.Kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。

11. 安全対策
     受審者は、各自十分健康管理に留意し審査会に参加すること。
受審者は、健康保険証を持参のこと。
高齢の受審者については、特に留意のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合は、医師または看護師により応急処置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合、当日の治療費(手術、入院費は含まない)は主催者が負担する。
      なお、主催者は、審査中の受審者の事故に対し(審査会場への往復途上を含む)
傷害保険に加入する。

12. 個人情報保護法への対応
   ※以下を申込者に周知して下さい。
    申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣 
道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホー
ムページ、剣窓等)に公表することがある。更に、剣道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

13. 注意事項
(1) 受審者は、各都道府県剣道連盟に、本人の申込み受理の確認を審査会前日までに行い、参加すること。
(2) 審査会場に、車での来場は一切禁止する。
(3) 日本剣道形審査に不合格となった受審者は再受審が認められる。
  ただし、当日日本剣道形を受審しない者の再受審は認めない。
     なお、本審査日より1年経過後は、再受審は無効となるので、留意すること。

剣道七段および六段審査会(愛知)要項


愛知県六−七段審査会要項

段位審査申込書六段
段位審査申込書七段

1. 期  日
    (1) 七段審査会
① 平成30年11月17日(土)
      ② 受付開始・終了および審査開始時刻
         ア.54歳以下(54歳含む)
           受付時間 午前9時~9時30分まで
           審査開始 午前9時50分(予定)
         イ.55歳以上(55歳含む)
           受付時間 午前11時30分~12時(正午)まで
           審査開始 54歳以下実技審査終了後
    (2) 六段審査会
① 平成30年11月18日(日)
      ② 受付開始・終了および審査開始時刻
         ア.49歳以下(49歳含む)
           受付時間 午前9時~9時30分まで
           審査開始 午前9時50分(予定)
         イ.50歳以上(50歳含む)
           受付時間 午前11時30分~12時(正午)まで
           審査開始 49歳以下実技審査終了後

※受付終了後は、審査の進行上、一切受付けません。必ず時間を厳守してください。

2. 会  場
      名古屋市枇杷島スポーツセンター
  (名古屋市西区枇杷島一丁目1番2号) 電話052-532-4121
※別紙案内図参照
3. 主  催
      全日本剣道連盟
4. 審査方法
    全日本剣道連盟 剣道称号・段級位審査規則・細則ならびに剣道称号・段位実施要領による。
5. 審査科目
    七段・六段とも、次による。
(1) 実技
(2) 日本剣道形(実技審査合格者のみ)
   ※日本剣道形審査において使用する木刀は全剣連で準備します。

6. 受審資格
(1) 七  段
平成24年11月30日以前に六段を取得した者。
(2) 六  段
平成25年11月30日以前に五段を取得した者。
7. 年齢基準
    審査日の当日(七段は平成30年11月17日、六段は平成30年11月18日)とする。

8. 申込み
(1) 申込方法 受審を希望する者は、登録連盟を通じて申込むこと。
           地域剣連は、申込者を一括して(公社)福岡県剣道連盟に申込むこと。なお、個人直接の申込みは受理しない。
    (2) 申込締切 所属地域剣道連盟が指定した期日
    (3) 申 込 先 〒810-0052 福岡市中央区大濠1-1-1福岡武道館内
           (公社)福岡県剣道連盟 TEL 092-712-1890 FAX 092-712-1891
(4) 申 込 書 ア 各段位ごとに所定の用紙による。
           イ 現在受有段位の取得年月日、生年月日は正確に記入するこ
と。(記載のない場合または虚偽の場合は受審を認めない)
           ウ 剣道七・六段申込書には審査開催地(愛知県)を明確に記入すること。
     ※地域剣連は受審申込者に受付時間を周知徹底してください。
9. 審査料 他
    (七段審査料) 17,400円
(六段審査料) 13,800円
(事務手数料等)所属地域剣道連盟が定めた金額
   
10. 合格発表
    審査終了後、受審番号により合格者を発表する。後日、合格者決定通知と証書を各都道府県剣道連盟に送付するとともに全剣連月刊「剣窓」1月号および全剣   
連ホームページ(http://www.Kendo.or.jp/)に合格者の氏名を掲載する。
11. 安全対策
    受審者は、各自十分健康管理に留意し審査会に参加すること。
受審者は、健康保険証を持参のこと。
高齢の受審者については、特に留意のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合は、医師または看護師により応急処置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合、当日の治療費(手術、入院費は含まない)は主催者が負担する。
    なお、主催者は、審査中の受審者の事故に対し(審査会場への往復途上を含む)
傷害保険に加入する。
12. 個人情報保護法への対応
   ※以下を申込者に周知して下さい。
    申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣 
道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホー
ムページ、剣窓等)に公表することがある。更に、剣道の普及発展のためマスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。
13. 注意事項
(1) 本審査会には、11月25日(日)東京都で実施される剣道六段審査会、11月27日(火)・28日(水)東京都で実施される剣道七段審査会の受審者は、受審出来ない。
(2) 受審者は、各都道府県剣道連盟に、本人の申込み受理の確認を審査会前日ま
でに行い、参加すること。
(3) 審査会場に、車での来場は一切禁止する。
(4) 日本剣道形審査に不合格となった受審者は、再受審が認められる。
  ただし、当日日本剣道形を受審しない者の再受審は認めない。
  なお、本審査日より1年経過後は、再受審は無効となるので、留意すること。

福岡県剣道連盟メニューバー

ページ上部へ