第44回福岡県教職員剣道大会

第44回福岡県教職員剣道大会が令和元年12月8日(日)
福岡武道館に於いて開催されました。

成績は以下の通りです。
(団体戦)
 優 勝   筑後地区
 準優勝   北九州地区
 三 位   福岡地区

(個人戦)   
義務制44歳以下の部
優 勝    平井智也 (大野東中)
準優勝    相塲秀斗 (篠栗中)
三 位    立石哲平 (立花中)
同      山近慎太郎 (宮若西中)

高・大・教委44歳以下の部
優 勝    立野龍太朗 (筑紫高)
準優勝    橘 亮二  (新宮高)
三 位    小森敏也  (常盤高)
同      八田健志  (伝習館高) 
 
副将45歳以上54歳以下の部
優 勝    大淵 量  (久留米商高)
準優勝    松延博人  (朝倉高)
三 位    末次正志  (スポーツ振興センター)
同      木戸勇一  (皿倉小) 

大将55歳以上の部
優 勝    畑江秀彦  (八女高)
準優勝    井上和孝  (柳河特別支援)
三 位    國友秀三  (舞鶴高)
同      野口修司  (吉塚中)
  
女子の部
優 勝    永留未来  (福翔高)
準優勝    古賀楓子  (豊国学園)
三 位    枝元真子  (星琳高)
同      島添未奈美  (筑紫丘高)

第67回全日本剣道選手権大会

令和元年11月3日(日)丸善インテックアリーナ(大阪中央体育館)において、
第67回全日本剣道選手権大会が開催され、本県より、國友鍊太朗選手、西村龍太郎選手、松本孟通選手以上3名が代表選手として出場し、國友鍊太朗選手が優勝の栄冠に輝きました。
國友選手におきましては、過去2回、決勝戦で善戦むなしく惜敗しましたが、3回目となる本大会の決勝戦ではその悔しさがつぶさに試合に見られました。
また、常に中心を攻め続けた試合内容は、大会関係者のみならず、多くの観戦者から好評を得ました。
國友選手の対戦相手は下記のとおりです。
一回戦  下野 裕樹(群馬)
二回戦  網代 忠勝(兵庫)
三回戦  山本 大喜(千葉)
四回戦  畠中 宏輔(東京)
準決勝  前田 康喜(大阪)
決 勝  松﨑賢士郎(茨城)

以上

第68回全国青年剣道大会


令和元年11月9日(土)10日(日)東京武道館において、第68回全国青年剣道大会が開催され、女子個人の部において、本県代表の 今村 舞 選手(古賀市)が優勝、中山 亜香里 選手(古賀市)が敢闘賞、男子団体の部において本県代表(行橋市 監督 金澤英雄  先鋒 毛利 匠  次鋒 旗手 響  中堅 松尾 明宣  副将 酒井誠史  大将 谷 和也 各選手)が敢闘賞を受賞しました。
 今村選手の対戦相手は下記のとおりです。
 一回戦  杉山 名菜(静岡)
 二回戦  沼田 知里(東京)
 三回戦  渡邉 聖子(岐阜)
 準決勝  横田 華織(茨城)
 決 勝  二宮 菜美(岡山)
                                 以上

ねんりんピック紀の国わかやま2019 剣道交流大会

ねんりんピック紀の国わかやま2019 剣道交流大会

ねんりんピック紀の国わかやま2019 剣道交流大会


令和元年11月10日(日)11日(月)白浜町立総合体育館(和歌山県)において、ねんりんピック紀の国わかやま2019 剣道交流大会が開催され、福岡県代表チームはベスト8へ進み、優秀賞を受賞しました。
1. 選手名(糟屋剣道連盟)
先鋒 青木 政広 選手
次鋒 髙原 友彦 選手
中堅 山﨑龍太郎 選手
副将 佐藤 哲臣 選手
大将 三木 章敬 選手
2. 対戦成績
(予選リーグ)1位通過
対 広島県   2勝0敗3引き分け 勝利
対 東京都B  4勝0敗1引き分け 勝利
(決勝トーナメント)ベスト8
対 熊本市   2勝1敗2引き分け 勝利
対 和歌山県C 1勝2敗2引き分け 惜敗

第19回福岡県ねんりんスポーツ・文化祭剣道交流大会

日 時 令和元年10月20日(日)開会:午前9時30分
会 場 飯塚市第1体育館

主 催 福岡県・福岡県ねんりんスポーツ・文化祭実行委員会
主 管 公益社団法人 福岡県剣道連盟
後 援 飯塚市

開会式の後 団体戦、個人戦(年齢別)が行われた
結果は下記の通り
団体戦
優 勝 筑紫剣道連盟B
準優勝 八幡剣道連盟
3 位 嘉飯剣道連盟A
3 位 筑紫剣道連盟A

個人戦
60〜64歳の部
優 勝 下村健一郎(早良区)
準優勝 青木政広(糟屋)
3 位 荒木久美夫(行橋・京都)
3 位 長濱 洋(西区

65〜70歳の部
優 勝 酒井壽恵則(八幡)
準優勝 那須孝明(筑紫)
3 位 黒木三郎(遠賀郡・中間市)
3 位 佛淵洋一(南区)

71歳〜79歳の部
優 勝 上田睦夫(八幡)
準優勝 秋山勝年(久留米)
3 位 小川金吾(久留米)
3 位 有村幸憙(南区)

個人の部   80歳以上
優 勝 宮崎 克己 (筑紫)
準優勝 浅野林太郎 (嘉飯)
3 位 廣松 守正 (大川市)
3 位 宇都宮主悦 (豊前築上)

最高齢者賞
82歳 林 美智雄 田川

<剣道形>

<大会スナップ>

 

<表彰式>

第3回福岡県なでしこ親善剣道大会

第3回福岡県なでしこ親善剣道大会の結果
●とき/令和元年9月28日(土) ●ところ/福岡武道館

入賞者は以下の通りです。

二段以下の部
優勝:渡邊昭子(朝倉)、準優勝:坂本知子(朝倉)、第3位:小林弓賀(西区)、藤井日名子(南区)

20歳代の部(三段以上)
優勝:佐々木奈緒(中央区)、準優勝:高橋花衣(中央区)、第3位:福屋瑠加(中央区)、夏目理央(中央区)

30歳代の部(三段以上)
優勝:吉川真由(小倉)、準優勝:大森菜見子(若松区)、第3位:髙野美幸(小倉)、緒方章子(南区)

40歳代の部(三段以上)
優勝:川原恵子(筑紫)、準優勝:鶴田里恵(糸島)、第3位:井上和佳子(南区)、石井規子(朝倉)

50歳代の部(三段以上)
優勝:元木朱実博多区)、準優勝:中野明美(糸島)、第3位:髙田智子(早良区)、中原広子(西区)

60歳代の部(三段以上)
優勝:三留さえ子(博多区)、準優勝:泉美智子(小倉)、第3位:深野節子(小倉)、関かず枝(久留米市)

令和元年度福岡県民体育大会(剣道)

9月22日中間市体育文化センターにおいて
令和元年度福岡県民体育大会(剣道)が開催されました。
結果は下記の通りです。

一般男子
1位 春日市
2位 八女市
3位 筑紫野市
3位 中間市

一般女子
1位 古賀市
2位 糟屋郡
3位 行橋市
3位 福岡市

青年男子
1位 行橋市
2位 糟屋郡
3位 北九州市
3位 筑紫野市

青年女子
1位 古賀市
2位 朝倉市
3位 福岡市
3位 糟屋郡
<会場風景>


<試合風景>

 第28回JR九州少年剣道大会

 日時:令和元年8月24日
 場所:春日市総合スポーツセンター
 参加:154チーム
 結果:優 勝   如水館A(福岡)
    準優勝   福岡無名塾(福岡)
    第3位   黒津少年剣道クラブ(佐賀)、今宿少年剣道部(福岡)
    敢闘賞   大野北剣道スポーツ少年団(福岡)
          須恵剣友会(福岡)
         若舞少年剣道部(福岡)
          清流館A(佐賀)
    最優秀選手 石橋 雄大(如水館A・福岡)
[写真横]


[写真縦]

第92回 令和元年度玉竜旗高校剣道大会 男子(写真)

男子1日目

男子2日目

第92回 令和元年度玉竜旗高校剣道大会 女子(写真)

福岡県剣道連盟メニューバー

ページ上部へ