第91回 平成30年度 玉竜旗高校剣道大会

第91回 平成30年度 玉竜旗高校剣道大会
平成30年7月24日〜7月29日、マリンメッセ福岡において
行われました。

成績は以下のとおり
男子
 優 勝  島原高校(長崎)
 準優勝  九州学院高校(熊本)
 三 位  水戸葵陵(茨城)
 三 位  育英高校(兵庫)

ベスト8  福大大濠高校(福岡) 東福岡高校(福岡) 福岡第一高校(福岡) 新潟明訓高校(新潟)

女子
 優 勝  中村学園女子高校(福岡)
 準優勝  守谷高校(茨木)
 三 位  福翔高校(福岡)
 三 位  筑紫台高校(福岡)

ベスト8 三養基高校(佐賀) 阿蘇中央高校(熊本) 島原高校(長崎) 須磨学園高校(兵庫)

開会式

男子

女子

第27回 JR九州少年剣道大会 結果報告

第27回 JR九州少年剣道大会が開催されました。
開催日:平成30年7月21日(土)
会 場:アクシオン福岡
主 催:九州旅客鉄道株式会社

参加チーム 187チーム 約1,050名
(福岡:135、佐賀:17、長崎:5、熊本:9、大分:13、宮崎:6、山口:2)
2 結 果:
優 勝   須恵剣友会(福岡)
準優勝   大内少年剣道クラブ(大分)
第3位   大野北剣道スポーツ少年団(福岡)、如水館A(福岡)
敢闘賞   清流館A(佐賀)、今宿少年剣道部(福岡)
      如水館B(福岡)、黒津少年剣道クラブ(佐賀)
最優秀選手  関 慶太郎(須恵剣友会・福岡)  

第18回福岡県ねんりんスポーツ・文化祭 剣道交流大会実施要項

1.主  催 福岡県、福岡県ねんりんスポーツ・文化祭実行委員会

2.主  管 公益社団法人福岡県剣道連盟

3.後  援  福岡市(予定)

4.日 時 平成30年10月8日(月祝 )
①受 付  午前 8時30分 ~ 午前 9時
②開会式 午前 9時30分 ~ 午前 10時
③試 合 午前 10時15分 ~ 午後 4時30分
④表彰式 午後 4時30分 ~ 午後 5時
⑤閉会式 午後 5時

5.会 場  福岡市九電記念体育館(福岡市中央区薬院4-14-1)
       TEL 092-524-3906
      
6.参加資格  ①県内在住の60歳以上の者(昭和34年4月1日以前に生まれた者)
        ②年齢基準は、大会当日とする。(但し、60歳は年度内に達すれば
よい)

7.競技規定  試合は全日本剣道連盟「剣道試合・審判規則及び細則」並びに本大会実施要項により行う。

8.競技方法  午前中に団体戦を行い、終了後個人戦を行う。特に昼食時間は設けない。団体戦・個人戦全てトーナメント方式で実施する。
○同一剣連が複数のチームで団体戦に出場することができる。
なお、団体戦・個人戦(女子含む)とも出場できる。
○怪我等の理由による選手変更の場合は、速やかに(公社)福岡県剣道連盟事務局に申し出ること。(急病による選手変更は当日可とする)

9.団体戦の選手構成
1チーム監督1名・選手5名の計6名とする。7段以下とし先鋒・
次鋒・中堅は60歳以上、副将は65~69歳、大将は70歳以上とする。
オーダーは、年齢の若い順から組むこととする。
ただし、男子だけで定数に満たない場合は、女子を含んでも構わない。

10.個人戦の年齢区分
①60歳~64歳
②65歳~70歳
③71歳~79歳
④80歳以上
11.試合時間 ○試合は3本勝負とし、試合時間は団体戦・個人戦ともベスト16までを3分間とし、ベスト8以上は4分間とする。ただし、80歳以上はすべて3分間とする。 

○団体戦において、時間内に勝敗が決しない場合は引き分けとする。
勝者数・総本数が同数の場合は、最初に引き分けた者で代表者決定戦を行う。代表者決定戦は1本勝負とし、時間を区切らずに勝敗が決するまで行う。

○個人戦においては、時間内に勝敗が決しない場合は、2分間の延長戦を行い、更に勝敗が決しない場合は抽選により勝敗を決定する。

〇個人戦各年代決勝(80歳以上を除く)においての延長戦は、時間を2分ごとに区切って勝敗の決するまで行う。
   
12.表  彰  (1)団体戦、個人戦とも、優勝、準優勝、第3位まで表彰する。
(2)出場選手中の最高齢の人に最高齢者賞を贈る。
  ただし、これまでに最高齢賞を受賞された方は対象としない。
(3)参加者全員に参加賞を贈る。

13.参 加 料 団体1チーム 3,000円  個人1人 500円

14.申 込 み  (1)申込方法
     ①所定の申込用紙に必要事項を記入のうえ、各地域剣道連盟で取りまとめ、参加料とともに(公社)福岡県剣道連盟事務局に申し込んでください。
(FAX・メール可)
※チーム名は各地域剣道連盟名で申込みしてください。出場が複数の場合は、チーム名(各地域剣道連盟名)の後にA、Bと明記してください。
②各地域剣道連盟は「15.オーダー表」を(公社)福岡県剣道連盟へ申込期限までに郵送または持参してください。

(2)申込期限
所属地域剣道連盟が指定した期日

(3)参加料振込口座
         所属地域剣道連盟の指定口座

・・・・・・以下は下記書類にてご確認ください。

くわしい情報はこちらの書類をダウンロードしてください(PDF)
<第18回福岡県ねんりんスポーツ・文化祭 剣道交流大会実施要項>
<第18回福岡県ねんりんスポーツ・文化祭 剣道交流大会参加申込用紙>

第2回 福岡県なでしこ親善剣道大会実施要項

1.趣 旨
長年に亘って開催してきた「福岡県家庭婦人剣道大会」を発展させ、家庭婦人だけでなく多くの女性(会員外)に生涯剣道への目標と機会を与え、技術の向上と健康の増進を図ると共に女子剣道の普及発展を図ることを目的として本大会を開催する。

2.主 催
(公社)福岡県剣道連盟
後 援
西日本新聞社

3.会 場
福岡武道館(福岡市中央区大濠1丁目1番1号  電話 092-714-1900)

4.日 時
平成30年9月29日(土)
受付時間 午前 8時30分~ 9時00分
開会式  午前 9時30分
公開演武 午前 9時45分 日本剣道形(木刀で実施・服装は剣道着・袴とする。)
試合開始 午前10時00分

5.参加資格
(1)年齢20歳以上の女性とする。但し、学生は除く。
※年齢基準は大会当日とする。

6.試合方法
(1)(イ)20歳代の部 (ロ)30歳代の部 (ハ)40歳代の部
(ニ)50歳代の部 (ホ)60歳以上の部 で行う。
(2)各年代で一部(二段以下)・二部(三段以上)に分けて試合を行う。

(3)試合時間は4分3本勝負とし、60歳以上の部は3分3本勝負とする。
勝敗が決しない場合は、時間を区切らずに延長戦を行い1本勝負とする。なお、60歳
以上の部の延長戦は時間を2分ごとに区切って勝敗の決するまで行う。
(4)組み合わせは参加者数によってリーグ戦又はトーナメント戦とする。また、参加者数
が少ない場合は年代の混成を行う場合もある。
(5)リーグ戦を行う場合、勝数、総本数全て同数の場合は、トーナメント戦を行い順位を
決定する。また、同率順位の場合は再度試合を行い順位を決定する。試合時間は上記
と同じ。
7.表 彰
各年代の優勝、準優勝、3・4位(リーグ戦)、3位2名(トーナメント戦)には賞状
と副賞を授与する。
8.その他
(1)各人紅白の目印(長さ70㎝ 幅5㎝)を持参すること。
(2)面紐の長さは結び目より40㎝以内とする。
(3)出場選手は、各自健康管理に十分留意し本大会に参加すること。
高齢の選手については特に留意すること。
(4)主催者において、大会実施中、傷害発生の場合は看護師により応急処置を講じ、病院
等で治療を受けられるよう手配する。この場合の治療費は自己負担とする。
なお、主催者は大会中の選手の事故に対し、傷害保険に加入する。選手は健康保険証
を持参のこと。
(5)試合終了後、大会参加者による合同稽古会を実施する。(30分~40分)

9.申し込み
(1)申し込みについては、次の①、②のどちらも可。
①別紙申込書により地域剣道連盟が一括して申し込むこと。
②別紙申込書により個人で申し込むこと。
(2)申し込みは、郵送、FAX、メールのどちらも可。
(3)申し込み締め切り  平成30年8月24日(金)必着
(4)申し込み先
〒810-0052 福岡市中央区大濠1丁目1番1号 福岡武道館
(公社)福岡県剣道連盟  担当:光岡
TEL 092-712-1890  FAX 092-712-1891
E-mail:mitsuoka@fukuoka-kendo.com

なでしこ親善大会要項(PDF)
なでしこ申込書(PDF)

平成30年度福岡県剣道選手権大会 兼 第66回全日本剣道選手権大会県予選

平成30年度福岡県剣道選手権大会 兼、第66回全日本剣道選手権大会県予選の結果。

平成30年7月8日(日)、福岡武道館で行われました。
結果は以下の通りです。

優勝:村方孔哉(警察官・東区)
第2位:國友錬太朗 (警察官・東区)
第3位:望月脩平 (警察官・東区)
第4位:岸川忍(刑務官・糟屋)
*上位3名が全日本選手権大会出場、第4位は補欠。

○遠賀・中間支部 【女性剣士の会(剣美会)】平成30年度稽古予定

遠賀郡・中間市の女性剣士の会 剣美会より平成30年度の稽古会について案内がありましたので、ご紹介します。

○遠賀・中間支部 【女性剣士の会(剣美会)】平成30年度稽古予定
  今年度は年間5回の稽古会を予定しております。
どなたでも参加可能です。是非ご参加ください。

1回目  5月13日(日) 岡垣武道館  16:00~18:00 終了
 
2回目  7月 1日(日) 岡垣武道館  16:00~18:00
                    
 3回目 10月 7日(日) 岡垣武道館  木刀による基本技・日本剣道形講習会後の
遠賀・中間稽古会に参加
      16:00~(全体稽古のみ)

4回目 11月 4日(日) 岡垣武道館  9:00~13:00
剣美会稽古・懇親会(稽古終了後、昼食会を予定しています。昼食会については、500円程度を徴収予定です。)
※なお、11月の稽古会については日程の変更の可能性があります。
変更の場合は後日お知らせいたします。
                   
5回目  2月 9日(土) 芦屋中学校  18:00~19:30

第36回福岡県女子剣道選手権大会兼、第57回全日本女子剣道 選手権大会県予選

平成30年6月10日(日)

福岡武道館において、「第36回福岡県女子剣道選手権大会兼、第57回全日本女子剣道
選手権大会県予選」
が行われました。

成績は以下の通りです。
優勝   松本智香選手(鹿屋体育大学)

準優勝 糸山亜美選手(警察官)

3位  中川澄霞選手(警察官)

4位  新開樹里(福岡大学)。

上位2名が福岡県代表として9/23に長野県で行われる第57回全日本女子剣道選手権大
会に出場します。

平成30年度国体剣道競技(成年男子・女子)兼西日本各県対抗剣道大会選手候補選考会の結果

平成30年度国体剣道競技(成年男子・女子)兼西日本各県対抗剣道大会選手候補選考会の結果
平成30年4月22日 九電記念体育館に於いて選考会が行われました。
結果は以下の通りです。

男子先鋒の部(18~25歳未満)
矢野 淳也(警察官・東区)、榎 眞吾(刑務官・糟屋)、堀 翔一朗(九電工・南区)

男子次鋒の部(25~35歳未満)
山本 貴之( 九電工・南区)、國友 鍊太朗( 警察官・東区 )、梶木 大樹( 警察官・東区 )

男子中堅の部(35~45歳未満)
藤井 聖司( 九電工・南区)、山﨑 大輔( 会社員・西区 )、大津 章男( 刑務官・糟屋 )

男子副将の部(45~55歳未満)
原 忠生( 警察官・戸畑 )、大渕 量( 教員・柳川 )、井上 隆久(九州電力・東区)

女子先鋒の部(18~30歳未満)
糸山 亜美( 警察官・筑紫 )、佐々木 梨奈(筑波大学・南区)、松本 智香(鹿屋体育大学・西区)

女子中堅の部(30~40歳未満)
大森 菜見子(教員・若松区)、德留 由樹(会社員・南区)、枦込 麻衣子(会社員・筑紫)

女子大将の部(40歳以上)
宮本 真沙代(警察官・みやま)、寺﨑 愛子( 刑務官・八女)、井上 和佳子(会社員・南区)

第36回福岡県女子剣道選手権大会 兼、 第57回全日本女子剣道選手権大会県予選会開催について

第66回福岡県地域対抗剣道大会

3月11日(日)福岡武道館で 第66回福岡県地域対抗剣道大会が行われ、県内32チームの年代別選手構成による団体戦で熱戦が 繰り広げられました。
入賞は以下の通りです。

優勝 柳川市剣道連盟
準優勝 糟屋剣道連盟
第3位 戸畑剣道連盟
第3位 八女地域剣道連盟 

福岡県剣道連盟メニューバー

ページ上部へ