第38回福岡県女子剣道選手権大会(第59回全日本女子剣道選手権大会出場選手予選会)兼令和2年度 国民体育大会剣道競技(成年女子)選手候補選考会 実施要項

1.日 時   令和2年6月27日(土)
        受付時間    午前 8時30分~9時
        試合開始(予定)午前10時15分
                
2.会 場   福岡武道館(福岡市中央区大濠1-1-1 ℡092-714-1900)

3.大会内容
(1) 開会式・日本剣道形・閉会式は行いません。
   レプリカ贈呈・表彰(1位~3位)及び事務連絡は、試合終了後行います。

(2) 国民体育大会中堅の部・大将の部の出場希望者は、福岡県女子剣道選手権大会へは出場できません。

(3) 第38回福岡県女子剣道選手権大会(第59回全日本女子剣道選手権大会出場選手予選会)
   ① 出場資格
    ・年齢18歳以上とし、段位の制限はしない。(年齢計算は、令和3年4月1日を基準とし、平成15年4月1日以前に生まれた者)
    ・五段以上は本連盟の登録会員であること、四段以下は地域の剣道連盟に所属していること
    ・予選会出場は一ヶ所とする。違反した者は出場を取り消す。
   ② 全日本女子選手権大会の出場者は、上位2名とする。

 (4) 令和2年度国民体育大会(成年女子・令和2年10月開催)選手候補選考会
   ① 出場資格
    ・中堅 昭和55年4月2日以降~平成2年4月1日までに生まれた者。(30歳以上~40歳未満)
・大将 昭和55年4月1日以前に生まれた者。(40歳以上)

② 選手候補選考基準
・先鋒(18歳以上~30歳未満・平成2年4月2日以降~平成14年4月1日
までに生まれた者)
福岡県女子剣道選手権大会の試合結果により、上位3名を選手候補 
(強化選手)に指定する。
・中堅(30歳以上~40歳未満)・大将(40歳以上)
中堅の部・大将の部それぞれの選考会結果により、上位3名を選手  
候補(強化選手)に指定する。

4.注意事項  
  (1) 新型コロナウィルス感染症の感染防止の観点から発熱等(下記)の症状がみられる場合、大会出場は認めない。(当日、入口で検温を行います)
発熱が37.5℃以上ある者
       咳、痰、強いだるさ、息切れなどある者
(2) 使用する竹刀は、全剣連の「竹刀の基準」を遵守すること。
  大会当日、竹刀の計量、測定を実施いたします。
(3) 紅白目印(長さ70cm・幅5cm)を持参すること。
(4) ウオーミングアップついては審判会議を競技場内で行う関係で十分な時間が確保できないことから、選手各自で調整すること。

5.参 加 料 出場者1名につき1,000円 ※当日欠席者の参加料は返金いたしません。

6.申込方法  所属地域剣道連盟に参加料とともに申し込むこと

7.申込締切  所属地域剣道連盟が定めた期日

8.申 込 先  所属地域剣道連盟

9. 試合、審判および試合方法

① 試合は、全日本剣道連盟剣道試合・審判規則並びに同細則にて行う。
試合時間は4分3本勝負、トーナメント戦において準決勝以降は5分とする。
時間内に勝敗が決しない場合は延長戦を行い、先に1本取った者を勝ちとする。なお、延長に入ってからの試合時間は区切らずに行う。
女子選手権大会は、第一から第三試合場でトーナメント方式で試合を行い、国体成年女子選考会(中堅・大将)は、第四試合場で申込者数に応じてトーナメント方式又はリーグ戦方式で試合を行う。

② 第一から第三試合場各1位3名でリーグ戦を行い順位を決定し、上位2名が福岡県代表選手として来る9月13日(日)、長野県で開催される第59回全日本女子剣道選手権大会に出場する。(3位は補欠とする)

③ リーグ戦に於いて勝敗、総本数全て同数の場合は、再度リーグ戦を行い順位を決定する。又、同率順位の場合は、再度試合を行い、順位を決定する。試合及び時間は上記と同じ。

10.安全対策  出場選手は、各自十分健康管理に留意し本大会に参加すること。
出場選手に周知徹底をお願いします。
主催者において、大会実施中、傷害発生の場合は、看護師により応急
措置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合の治
療費は自己負担とする。
なお、主催者は、大会中の選手の事故に対し、傷害保険に加入する。選手は、健康保険証を持参のこと。

注:職業欄には、企業名、高校・大学名、警察官、刑務官等と、明記のこと。
※各剣連の係員の人数は、係員派遣依頼文に記載しています。

要項ダウンロード・女子選手権兼・国体女子(HP)

福岡県剣道連盟メニューバー

ページ上部へ